fc2ブログ

『井沢元彦の激闘の日本史 南北朝動乱と戦国への道』:雨読夜話

ここでは、「『井沢元彦の激闘の日本史 南北朝動乱と戦国への道』」 に関する記事を紹介しています。
井沢元彦の激闘の日本史 南北朝動乱と戦国への道
井沢元彦の激闘の日本史 南北朝動乱と戦国への道
井沢 元彦
KADOKAWA/角川学芸出版 2014-06-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
逆説の日本史 21 幕末年代史編4 高杉晋作と維新回天の謎
日本史 汚名返上 「悪人」たちの真実
ビジュアル版 逆説の日本史 5 真説 秀吉英雄伝 (ビジュアル版逆説の日本史)
井沢元彦の激闘の日本史 幕末動乱と危機管理 (単行本)
井沢元彦の激闘の日本史 歴史を変えた源平争乱


井沢元彦の『逆説の日本史』シリーズの番外編のひとつで、戦国時代がどのようなプロセスで発生し、どのように終結させられたかを解説している作品。

序盤は室町時代が応仁の乱をきっかけとして戦国時代に突入していったあたりから話を始め、その背景にある足利将軍の勢力の弱さと守護大名たちの強さ、さらにはその原因となった南北朝へと戦乱の原因をたどっていく。

最終的には、専制的な権力を握りたいくせにけがれた軍事には関わりたくないという身勝手さで世の中を大混乱に陥れた後醍醐天皇と、あまりにもいい人過ぎて乱世を長引かせてしまった足利尊氏の2人がキーマンになることで話を進めている。

後醍醐天皇のところで特に、軍事力をけがれたものとして避ける思想は日本古来のものという著者の歴史観が多くのページを割いて書かれている。
旧社会党系や日教組系の人々が自衛隊を存在してはならない組織であるかのように主張しているのは、彼らの支持母体である労働組合が自衛官の人々を労働者と認めずに差別していると批判しているのにはなるほどと思った。
もっとも、日教組にしても他の労働組合にしても派閥争いをよくやっている印象があるので、自衛官が労働者というところまで発想がおよばないだろうとも感じた。

そして後半では、戦国時代を終結させる道筋をつけた織田信長の偉大さについて語っている。
現代から見ると京都に攻め上って天下を取ることが諸大名の目標だったり、寺社は武装などしておらず、商売も特に制約がなかったかのような印象を持ってしまうが、これらは全て当時の常識からすると普通は考え付かないことだと力説している。
中世の常識だった室町幕府の体制や軍事力や財力を持った寺社勢力の影響を排除するために行ってきた信長の戦いの意義を述べ、信長はまだまだ過小評価されていると言いたいようである。

本書でも一般的な日本史の定説では漏れてしまいがちな視点から多くの事象が書かれていて、興味深く読んでいくことができたと思う。



井沢元彦の激闘の日本史 歴史を変えた源平争乱井沢元彦の激闘の日本史 歴史を変えた源平争乱

井沢 元彦
角川学芸出版 2012-10-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

井沢元彦の激闘の日本史 幕末動乱と危機管理 (単行本)井沢元彦の激闘の日本史 幕末動乱と危機管理 (単行本)

井沢 元彦
角川学芸出版 2013-08-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 井沢元彦,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック