fc2ブログ

『タイムスリップ水戸黄門』:雨読夜話

ここでは、「『タイムスリップ水戸黄門』」 に関する記事を紹介しています。
タイムスリップ水戸黄門 (講談社ノベルス)
タイムスリップ水戸黄門 (講談社ノベルス)
鯨 統一郎
講談社 2006-11-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
浦島太郎の真相 恐ろしい八つの昔話 (カッパノベルス)
親鸞の不在証明 (ノン・ノベル)
タイムスリップ釈迦如来 (講談社ノベルス)
タイムスリップ森鴎外 (講談社文庫)
間暮警部の事件簿 マグレと都市伝説 (小学館文庫)

女子高生うららがタイムスリップに巻き込まれるシリーズの第4作。
今回は水戸黄門こと徳川光圀が、現代にタイムスリップするというもの。

道路をめぐる利権や自動車にまつわる環境破壊がテーマ?として出て、また実際の徳川光圀と時代劇の水戸黄門の話をわざとごっちゃにしており純粋にエンターテイメントとして楽しめる。

読み返すことは多分ないと思うが、1度楽しむにはいい。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 鯨統一郎,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック