fc2ブログ

『ダグアウトの向こう-今を生きるということ。』:雨読夜話

ここでは、「『ダグアウトの向こう-今を生きるということ。』」 に関する記事を紹介しています。
DVD『ダグアウトの向こう -今を生きるということ。』(通常盤)
DVD『ダグアウトの向こう -今を生きるということ。』(通常盤)
株式会社横浜DeNAベイスターズ 2017-05-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
FOR REAL-ベイスターズ、クライマックスへの真実。-通常盤DVD
横浜DeNAベイスターズを応援しよう! 闘え 誇りを胸に 我らの星 ヨコハマ
FOR REAL-ベイスターズ、クライマックスへの真実。-Blu-ray DISC(初回限定盤)
球場三食(4) (アフタヌーンKC)
あの日、侍がいたグラウンド ~2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™~ [DVD]
横浜DeNAベイスターズオフィシャルイヤーマガジン 2017 ([テキスト])
Number(ナンバー)939号 日本シリーズ 激闘の果て。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))
週刊ベースボール10月23日号
ダグアウトの向こう ~横浜DeNAベイスターズ1年目の記録~
4522敗の記憶 ホエールズ&ベイスターズ涙の球団史 (双葉文庫)


プロ野球・横浜DeNAベイスターズの2014年シーズンにおける裏側を描いたドキュメンタリー映画。
一昨年から製作されていて評判がいいらしいと聞き、最寄の映画館へ観に行った。

試合中のブルペンの様子や試合後のロッカールームなど様々なところにカメラが入っていて、サヨナラ打を浴びた投手が戻ってきたシーンや試合中の怪我で選手が痛がっているところなど、外部の製作だと球団の指示でカットされた可能性が高いところも収録されている。

主な内容は下記のようなもので、どれも見ごたえがある。
  • 2度の二軍落ちをした三浦大輔の復活
  • 後藤武敏のムードメーカーぶり
  • 黒羽根利規による怪我や不調との戦い
  • リリーフ失格の烙印を押された山口俊の先発転向での復活
  • グリエル加入で外国人選手が3人となった内野陣でのショート・山崎憲晴の奮闘
  • 度重なる怪我の末に荒波翔が下した決断
  • 育成から昇格した萬谷康平のリリーフでの苦い経験
  • 梶谷隆幸と筒香嘉智の絆
  • 目の前で巨人に胴上げされた際の悔しさと羨望

中畑監督が選手たちに檄を飛ばしているシーンはもちろんのこと、投手コーチの川村丈夫やバッテリーコーチの新沼慎二が選手たちにアドバイスや励ましの言葉をかけているシーン、ベテランの三浦があえて声をかけないシーンなどが入っていて興味深い。

また、用具係の入来祐作やスコアラーの横山道哉など、球団職員になっている元選手たちが随所で映り込んでいるのも見逃せない。

中村紀洋の首脳陣批判による二軍落ち事件はさすがに扱われておらず、2年目で開幕投手を務めた三嶋一輝の不調や新人・三上朋也のクローザーとしての活躍なども入っていなかったが、それだけ盛り沢山な内容だったということでもある。
本作を見ると、1年間シーズンを過ごすと色々なことがあると改めて感じる。

このような作品を制作するなど、ファンサービスが充実して横浜スタジアムの入場者数が増えているとのニュースを知ると、ベイスターズの運営がやる気がなさそうだったTBSからDeNAに代わったのは成功だったと思う。

DeNAファンでなくても楽しめる内容で、観て良かったと思う。
本作に登場した選手たちが来年活躍する姿を早く見てみたくなった。




中畑ベイスターズ3年間の軌跡 横浜DeNAベイスターズ公式ドキュメンタリー「ダグアウトの向こう」 (講談社 Mook)中畑ベイスターズ3年間の軌跡 横浜DeNAベイスターズ公式ドキュメンタリー「ダグアウトの向こう」 (講談社 Mook)

アミューズメント出版部
講談社 2014-11-28

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック