『仕事に効く 教養としての「世界史」』:雨読夜話

ここでは、「『仕事に効く 教養としての「世界史」』」 に関する記事を紹介しています。
仕事に効く 教養としての「世界史」
仕事に効く 教養としての「世界史」
出口 治明
祥伝社 2014-02-22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ビジネスに効く最強の「読書」 本当の教養が身につく108冊
いよいよ、日本の時代がやって来た! (WAC BUNKO)
「新しい日本人」が創る2015年以後
通も知らない歴史の内幕! 日本史の舞台裏大全 (できる大人の大全シリーズ)
経済は世界史から学べ!


ライフネット生命の社長による、自身が多くの読書から得た世界史の理解を解説している作品。

日本史が世界史と密接に関連していることから話を始め、宗教の成立過程や中国の歴史を理解するためのキー、交易が世界に果たした役割と話が進んでいく。

著者が歴史の専門家ではないためか通説に書かれていることだけでなく、さらに踏み込んだ考察がなされているのが面白いし、教科書的に話を進めるのではなく、テーマに沿って話を展開していくのも読みやすい。

キリスト教が分化を繰り返し、東方系とローマ系、ローマ系がカトリックからプロテスタント、英国国教会などに分かれていった話や、ドイツ・フランス・イギリスの成立過程、モンゴル帝国の衰退にはペストが絡んでいたこと、トゥルクマン(トルコ系遊牧民)がオスマン朝やサファヴィー朝など多くの国を建国した話など、何度も読み返したくなる話が多く扱われている。

改めて歴史は面白いということ、まだまだ知らない歴史が沢山あることを感じさせられた1冊で、読んでよかったと思う。



本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)

出口 治明
KADOKAWA/角川書店 2014-09-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「働き方」の教科書:「無敵の50代」になるための仕事と人生の基本「働き方」の教科書:「無敵の50代」になるための仕事と人生の基本

出口治明
新潮社 2014-09-18

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 出口治明,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック