fc2ブログ

『はみ出し銀行マンの金融裏事情』:雨読夜話

ここでは、「『はみ出し銀行マンの金融裏事情』」 に関する記事を紹介しています。
はみ出し銀行マンの金融裏事情 (講談社文庫)はみ出し銀行マンの金融裏事情 (講談社文庫)

横田 濱夫
講談社 1999-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


90年代後半に書かれた、元銀行員による銀行のブラックな部分を赤裸々に描いたシリーズのひとつ。

銀行が不祥事を隠すためのあの手この手のやり方や、辞表を出させるために採られた陰湿な嫌がらせ、体育会系の学生を使い捨て用の兵隊として採用した後の末路など、(少なくともこの時期の)銀行もなかなかにブラック企業だと感じさせられる。

銀行員が固い職業ということもあってか、資格商法などの詐欺に引っかかる話なども書かれていて、著者が多くの実例を見てきたのだろうということが伝わってくる。

銀行の顧客が注意すべき事項として、危ない銀行の見分け方や、投資信託のリスクといったところにも言及されている。

15年くらい経過して実情に合わなくなった部分も多いだろうが、銀行というものの本質が変わったとも思わないので、それなりには参考になる。



[著者の他の作品]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 横田濱夫,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック