『養老孟司が語る「わかる」ということ』:雨読夜話

ここでは、「『養老孟司が語る「わかる」ということ』」 に関する記事を紹介しています。
養老孟司が語る「わかる」ということ (新潮CD講演)
養老孟司が語る「わかる」ということ (新潮CD講演)
養老 孟司
新潮社 2003-10-31

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
言葉が怖い 新潮CD (新潮CD 講演)
ひらめきの法則 新潮CD (新潮CD 講演)
養老孟司の大言論I 希望とは自分が変わること (新潮文庫)
無知の壁 (サンガ新書)
聖書から学ぶ人生 (新潮CD 講演)


養老孟司による講演をCD化した作品。
これまで養老作品は、『バカの壁』と『まともな人』の2冊を読んでいる。
  • 現在は意識ばかりで物事を捉えようとしていて、身体的なところがおろそかになっていること
  • 情報は変わらず、自分が日々刻々と変化していること
  • 人はそれほど分かり合えるものではないこと
と、これまでに読んだ作品と共通したことが話されている。

内容についてはともかく、「そうでしょ?そうでしょ?」とすぐに聴衆に対して上から目線で同意を求めているように感じられる口調がうっとうしい。
これは自分が言っていることに自信がないか、聴衆をバカだと思っているかのどちらかではないかと疑っている。

図書館で借りてあまり期待せずに聴いてみたが、やはり期待しなくて良かったという内容だった。
正直、なぜ『バカの壁』があんなに売れたのかいまひとつ納得できないでいる。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック