『城山三郎講演 第1集』:雨読夜話

ここでは、「『城山三郎講演 第1集』」 に関する記事を紹介しています。
城山三郎講演 第1集 新潮CD (新潮CD 講演)
城山三郎講演 第1集 新潮CD (新潮CD 講演)
城山 三郎
新潮社 2007-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
城山三郎講演 第2集 新潮CD (新潮CD 講演)
言葉が怖い 新潮CD (新潮CD 講演)
養老孟司が語る「わかる」ということ (新潮CD講演)


経済小説で知られた城山三郎の講演をまとめているCD。
著者が書いた『鼠』の主人公である鈴木商店専務の金子直吉、『雄気堂々』で扱った渋沢栄一、『落日燃ゆ』で描いた広田弘毅の業績や魅力について語っている。

3名ともすごいが、最初に話した金子のキャラクターが濃すぎて後の2人の印象がかすんでいる。
金子が大正時代に経営していた鈴木商店は情報に金を惜しまない投機的な商いを積極的に行ったことで三井物産や三菱商事を上回る大商社となったが、それでいて金子の代で倒産してしまったという話は豪快すぎて驚く。

倒産した原因は金子が拡大志向ばかりで守りの経営をあまりする気がなかったことや、銀行嫌いで資金繰りに困ったこと、経営手法や社風もあってか多くの敵を作りすぎたことなどがあったようで、このような大企業が短期間に成長してつぶれるというのは経済史上でもあまり例がないという。

渋沢について書かれた『雄気堂々』は読んでいたが、『鼠』と『落日燃ゆ』はまだ読んでいないので、このCDを聴いたことだし、そのうちに読んでみることも考えている。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 城山三郎,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック