『日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典』:雨読夜話

ここでは、「『日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典』」 に関する記事を紹介しています。
日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典
日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典
蛇蔵 海野 凪子
幻冬舎 2011-08-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
日本人の知らない日本語3 祝! 卒業編
日本人の知らない日本語4 海外編
日本人の知らない日本語2
日本人の知らない日本語 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
マンガとあらすじでやさしく読める 日本の古典 傑作30選


『日本人の知らない日本語』シリーズの著者たちによる、日本文学の名作を著者や実在する登場人物をキーとして現代風に分かりやすく解説しているコミックエッセイ。
日本語を学ぶ外国人から質問を受けたり、日本語教室で紹介したことなどが執筆のきっかけとなったという。

登場する人物は、清少納言、紫式部、藤原道長、安倍晴明、源頼光、菅原孝標女、鴨長明、兼好法師、ヤマトタケルノミコトの9名で、それぞれの特徴や残している言葉、エピソードなどを楽しく描いている。

清少納言のあけすけさや菅原孝標女の痛いオタクぶり、普通に考えるとそうなのだが意識されることの少ない安倍晴明が高級官僚であることなど、人物像が一気に身近になっていく。
特に、『徒然草』にある説話を「ケンコウくん」という4コマ漫画にしているのが秀逸である。

古典への心理的なハードルを下げてくれる内容となっていて、現代語訳やコミックなどになった作品でも読んでみようかという気にさせられた。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック