『鍋釜天幕団ジープ焚き火旅 あやしい探検隊さすらい篇』:雨読夜話

ここでは、「『鍋釜天幕団ジープ焚き火旅 あやしい探検隊さすらい篇』」 に関する記事を紹介しています。
鍋釜天幕団ジープ焚き火旅 あやしい探検隊さすらい篇 (角川文庫)
鍋釜天幕団ジープ焚き火旅 あやしい探検隊さすらい篇 (角川文庫)
椎名 誠
KADOKAWA/角川書店 2015-02-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
鍋釜天幕団フライパン戦記 あやしい探検隊青春篇 (角川文庫)
ガス燈酒場によろしく (文春文庫)
国境越え (新潮文庫)
笑う風 ねむい雲 (集英社文庫)
単細胞にも意地がある (ナマコのからえばり10)


椎名誠の『あやしい探検隊』シリーズのエピソードを多くの写真とともに振り返り、隊長の椎名と釜炊きメグロこと目黒考二の2人が対談している作品。
本作では第2作である『あやしい探検隊北へ』と、第3作である『あやしい探検隊 不思議島へ行く』の2作で収録されている旅行について語り合っている。

福島県の塩屋崎や新潟県の粟島、瀬戸内の瓢箪島、東京湾の猿島、北海道のイソモシリ島、琵琶湖沿岸と、以前読んできた旅の裏話がいくつも出てきてテンションが上がる。

初代炊事班長の沢野は雑だが手早く料理するのに対し、2代目炊事班長の長谷川による料理は種類が多くてうまい一方で、丁寧に作るために時間がかかってイライラすることがあるなど、野外での料理による個性の違いを語っているのが面白い。

アウトドア雑誌『ビーパル』から長いこと借りたまま使い続けていた巨大フライパンの話や、長谷川が始めた火吹きの芸の経緯など、懐かしい話も出てくる。

椎名以外は旅にあまり乗り気でなかったらしいことや、書かれることのなかった猪苗代湖や五島列島の旅など、本編に出てこないエピソードも多い。

椎名の対談相手が、粟島の後は一同と行くことが少なくなった目黒になっているのが、内輪話になりすぎなくてよかったのかもしれない。
この回顧録的な作品はもう1冊、『鍋釜天幕団フライパン戦記 あやしい探検隊青春篇』というのがあるので、これもぜひ読んでみようと思う。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 椎名誠, あやしい探検隊,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック