『トニーたけざきのガンダム漫画』:雨読夜話

ここでは、「『トニーたけざきのガンダム漫画』」 に関する記事を紹介しています。
トニーたけざきのガンダム漫画 (角川コミックス・エース)
トニーたけざきのガンダム漫画 (角川コミックス・エース)
トニー たけざき (著), 矢立 肇 (原著), 富野 由悠季 (原著)
角川書店 2004-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
トニーたけざきのガンダム漫画 2 (角川コミックス・エース 113-2)
トニーたけざきのガンダム漫画 III (角川コミックス・エース 113-3)
トニーたけざきのサクサク大作戦 (カドカワコミックス・エース) (角川コミックス・エース 113-5)
トニーたけざきのエヴァンゲリオン (角川コミックス・エース 113-4)
シャアの日常 (3) (カドカワコミックス・エース)


安彦良和の『ガンダム the ORIGIN』のような劇画風のタッチで、ガンダムに登場するキャラクターを扱っているギャグ漫画。

先日読んだガンダムのキャラクターを扱った『シャアの日常』『聖☆おにいさん』に近いとすると、本作はシリアスな絵柄とくだらないネタのコントラストが野中英次の『課長バカ一代』や 『魁!!クロマティ高校』と重なる。
特に、「赤鼻とゆく!」でのシャアの描写が野中作品で出てきそうな絵柄なので特に笑ってしまった。

シャアがザビ家の面々に振り回されるシーンや、ホワイトベースのクルーたちのマニアックさを扱った回、亡霊扱いのテム・レイ、黒い三連星のダサい姿、ハヤトとガンタンクの関係などが扱われ、ゆるい笑いやシュールな笑いを楽しめる。
中でも爆笑してしまったデギン・ザビ公王が巨大化するネタは著者も気に入っているようで、多く扱われていたように思う。

巻末では安彦良和が2ページの特別寄稿をしていて、「時々どっちがオレの原稿だったかわからなくなる・・・」と語っているのが面白い。
TSUTAYAのレンタルコーナーで見かけたので読んでみたが、思っていた以上に面白かったので良かった。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : ガンダム,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック