九州国立博物館「戦国大名-九州の群雄とアジアの波涛」:雨読夜話

ここでは、「九州国立博物館「戦国大名-九州の群雄とアジアの波涛」」 に関する記事を紹介しています。

先日九州国立博物館へ、「戦国大名-九州の群雄とアジアの波涛」展を観に行った。

大友宗麟、毛利元就、島津義久、龍造寺隆信、小早川隆景、黒田長政、加藤清正、立花宗茂、松浦隆信、宗義智などの九州で活躍した戦国大名たちを扱っていて、比較的人気の出やすい特別展となっている。

歴史小説などにも登場する茶器、さまざまな人物による書状、肖像画や襖絵や屏風絵、刀剣などが多く展示されている。
加藤清正所用で有名な片鎌槍の穂先も展示されていて、例えば「黒田節」で知られる母里太兵衛所用の日本号と比較すると小さく、いかに日本号が大きかったかということが分かる。

先日読んだ『変り兜-戦国のCOOL DESIGN』に掲載されていた、立花宗茂所用の日輪ととさか付の兜や、黒田長政所用の水牛の角がついた兜も展示されていて、読んでから期間が経っていなかったのでテンションが上がった。

また、江戸初期に書かれたと思われる、諸藩の旗指物の一覧を描いた絵も展示されていて、文字が崩されていて読みにくいが、井上家の旗が「井」、鳥居家の旗が鳥居のマークになっているのが非常に分かりやすくて面白かった。

充実した展示内容で、行ってみるだけの価値があると感じた。
夏には福岡市博物館で「大関ヶ原展」が催されるそうなので、これにも行ってみたい。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック