『ごたごた気流』:雨読夜話

ここでは、「『ごたごた気流』」 に関する記事を紹介しています。
ごたごた気流 (角川文庫)
ごたごた気流 (角川文庫)
星 新一
角川書店 2007-09-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
声の網 (角川文庫)
ちぐはぐな部品 (角川文庫)
地球から来た男 (角川文庫)
宇宙の声 (角川文庫)
きまぐれロボット (角川文庫)


星新一による12編の短編集。

スクープを撮るために作られた装置をめぐるドタバタ劇である表題作の他、いい話と思わせてじわじわ気持ち悪さがくる「品種改良」、落語のようなやり取りや展開をしている「見物の人」「まわれ右」「条件」、初期の作品に近い感じの「追求する男」「追跡」など、バラエティ豊かな作品集となっている。

巻末には著者へのインタビューが収録されている。
キャリア前期でオチが明確なショートショートが多かった背景にはマイナーな分野だったので明確なオチと分かりやすさを重視して書いたこと、そしてキャリア後期で少し不条理なストーリーの短編が増えたのは企業のPR誌が減ったりオチが明確な作品にするのに少し飽きたためなどと語っていて、作風とそうなった理由についての話が面白かった。

久しぶりに読み返して懐かしく感じる作品、覚えていなくて新鮮な気持ちで読んだ作品ありで楽しめた。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 星新一,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック