『天下 家康伝 上』:雨読夜話

ここでは、「『天下 家康伝 上』」 に関する記事を紹介しています。
天下 家康伝 <上>
天下 家康伝 <上>
火坂 雅志
日本経済新聞出版社 2015-04-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
天下 家康伝 <下>
劉邦(上)
常在戦場 (文春文庫)
帳簿の世界史
田園発 港行き自転車 (上)


火坂雅志による、家康の生涯を描いた歴史小説の上巻。

家康を人間臭くも義を重んじてしぶとく生き抜いていく武将として描いていて、三河一向一揆で家臣の半分が離反する中で苦闘するところから話が始まる。

まずは後に家康の腹心となる本多正信が一向一揆軍の参謀として立ちはだかり、次いで今川領侵攻、武田信玄・勝頼父子との戦いと続いていく。

よく知らない作家の作品とすればそこそこ面白かっただろうが、火坂作品としてハードルを上げた状態で読むと、家康や周りの人物にいまひとつ感情移入できなかった。
特に、家康の正室である築山殿や長男の信康についての言動が少々雑な感じがした。
逆に、正信のくせものっぽさや今川氏真のヘタレぶりはなかなか良かったと思う。

これまでに読んだ著者の『黒衣の宰相』『黄金の華』、『虎の城』などと比較すると、家康の人物像が通説とあまりかけ離れていないのが少し物足りない。
これは主人公が有名すぎて意外性を出す余地が少なく、制約に縛られているためなのだろうと思う。

少し辛く評してしまったが、一定の水準で面白いのは面白いので、さらに面白くなっていくことを期待して下巻も読んでみる。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 火坂雅志, 徳川家康,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック