『へうげもの 一服』:雨読夜話

ここでは、「『へうげもの 一服』」 に関する記事を紹介しています。
へうげもの 一服 (講談社文庫)
へうげもの 一服 (講談社文庫)
山田 芳裕
講談社 2011-04-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
へうげもの 二服 (講談社文庫)
へうげもの 三服 (講談社文庫)
へうげもの 四服 (講談社文庫)
へうげもの 五服 (講談社文庫)
へうげもの 六服 (講談社文庫)


信長、秀吉、家康に仕えた茶人大名である古田織部(左介)を主人公とした歴史漫画の第1巻。
左介は信長の伝令を務めており、松永久秀が立てこもる信貴山城へ使いとして行くシーンから始まる。

続いて荒木村重の有岡城攻め、武田領侵攻などで主君の信長、そして上司のようなポジションに当たる秀吉に従って戦いに参加する一方で、数寄者として茶道具を集めたり他人の名品を欲しがったり、千利休に弟子入りするなど、物欲に忠実な愛すべき人物として描かれている。

左介の表情の豊かさというか変顔の多彩さ、いい茶道具を目にした時のオーバーリアクション、茶道具を表現する際の擬音の絶妙さなど、面白がるポイントがいくつもある。

青木雄二の『ナニワ金融道』のようにややシンプルながらも妙な迫力がある絵柄も印象に残るし、多くの歴史小説や漫画では怖い顔ばかりしている信長が高い声で大笑いするシーンがあるのが珍しかったりと、思っていた以上に面白い漫画だと分かった。
続編も続けて読んでいくか考えてしまう。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック