『暗記が苦手な人の3ステップ記憶勉強術』:雨読夜話

ここでは、「『暗記が苦手な人の3ステップ記憶勉強術』」 に関する記事を紹介しています。
暗記が苦手な人の3ステップ記憶勉強術
暗記が苦手な人の3ステップ記憶勉強術
宇都出雅巳
実務教育出版 2015-05-27

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
なるほど! 合格勉強術
東大医学部式 非常識な勉強法 (イースト新書Q)
合格(ウカ)る思考
司法試験予備試験一発突破ナビ
絶妙な「聞き方」 (PHP文庫)


資格試験や入試など、試験にまつわる学習について、主に記憶による部分の学習方法を解説している作品。
本書は著者の前作である『なるほど! 合格勉強術』の続編という位置づけであり、どこがどうリンクしているかもついている。

そしてタイトルにもある3ステップとして、「思い出す→問いに変える→ざっくり読む」というフレーズを中心に書かれている。

構成としては試験勉強をしている夏子、秋生、春代、冬香といった一家の人々に対して、著者がレクチャーをする会話形式で書かれている部分が多く、読み進みやすい。

記憶するということではどうしてもひたすら時間と神経を使っていくイメージがあるが、まずは自分が何を既に覚えていて、何を覚えていないかを把握するところから始めている。

そして覚えていないところを思い出そうとする意識を大切にすること、まずはテキストでも問題集でも解説を含めて全体の構造を把握し、関心のあるところから読んでいく手法ということで、具体的な方法を語っている。

択一式の問題をはじめとして、総合問題のように理解度が試される問題、英会話のようにひたすら覚える問題、数学のように記憶だけでは難しそうな問題など、それぞれの教科によっての方法の違いについても扱っているのもいい。

さまざまな分野での学習に応用できる内容で、活用を試みたい。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック