『古代史の謎は「海路」で解ける-卑弥呼や「倭の五王」の海に漕ぎ出す』:雨読夜話

ここでは、「『古代史の謎は「海路」で解ける-卑弥呼や「倭の五王」の海に漕ぎ出す』」 に関する記事を紹介しています。
古代史の謎は「海路」で解ける (PHP新書)
古代史の謎は「海路」で解ける (PHP新書)
長野 正孝
PHP研究所 2015-01-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
古墳の地図帳 古代史めぐりの旅がもっと楽しくなる! (タツミムック)
信濃が語る古代氏族と天皇 善光寺と諏訪大社の謎(祥伝社新書)
最終解答 日本古代史 (PHP文庫)
神社に秘められた日本史の謎 (歴史新書)
発掘された日本列島2015 新発見考古速報


港湾行政などに関わってきた元建設官僚による、古代史を海路や船の観点から考察している作品。
『日本書紀』で編纂に携わった舎人親王が海についての知識が乏しかったとし、苦しいと思われる部分で実はこうだったのでは?というスタイルで書かれている。

史料に邪馬台国などが出てくる時代は帆船が登場する前で手漕ぎ舟が主流で、瀬戸内海ではなく干潟が多かった日本海側が主な交易ルートだったところまではそうかもしれないと思っていたが、半島を海沿いに航行するのが危険なために川沿いに船を引っ張って陸路を横断することが多かったという話に驚いた。

丹後半島や能登半島の付け根にあたる地方で船を引きずっていた名残と思われる遺跡があることや、古代の日本の船に竜骨がなくて船底が平らなのもそのためだという。
そして九州と出雲、丹後、敦賀といった地方が交易で栄えていて、河内の王だと思われている応神天皇が丹後の王だったのではないかという話につながっている。

雄略天皇が敵対してきた吉備を平定したことで瀬戸内海ルートが使用できるようになった話や、継体天皇が敦賀から琵琶湖北岸地方を本拠としていて敦賀から難波への交易ルートを開いたなど、大和を中心に書かれている『日本書紀』とはかなり異なった様相で古代史が書かれている。

古代史についての想像に新たな要素を加える作品だと感じ、興味深く読んだ。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック