『だから日本はズレている』:雨読夜話

ここでは、「『だから日本はズレている』」 に関する記事を紹介しています。
だから日本はズレている (新潮新書 566)
だから日本はズレている (新潮新書 566)
古市 憲寿
新潮社 2014-04-17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
絶望の国の幸福な若者たち
働き方は「自分」で決める (講談社文庫)
希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想 (光文社新書)
誰も戦争を教えてくれなかった
僕たちの前途


時々観るフジテレビ系の番組「ワイドナショー」に出演し、長嶋一茂や坂上忍といった他の出演者や視聴者がイラッとするようなコメントをする社会学者の古市憲寿による、日本でズレた考え方や行動について語っている作品。

ズレている考えとしては例えば、政治に強いリーダーシップを求めたり、テクノロジーやSNS、若者といったおじさんたちがいまひとつ理解し切れていない存在に対して過度の期待を持ったり、学歴が役に立たないとしたりノマドに引かれたりといったあたりである。

こうしたズレに対して、社会に影響を与える個人や企業が増えて政治でできることは昔よりも少なくなっており、期待しているほどにはもてはやされる存在は盛んでもないし、むしろ個人による目立ちにくい活動が徐々に世の中を変えているというニュアンスで書かれている。

読み始めてしばらくは、なんとなく感じていた違和感を語ってくれるような感じがして面白かったが、読み続けていくと論旨がなんとなく読めるようになってきて少し退屈した部分もある。
おそらくコラムの形であれば関心を持たせ続けられたのかもしれないが、単行本レベルではやや弱いように思う。

「昔は良かった」的な論調に対して歴史的な裏づけから反論したり、尾木ママや勝間和代といった文化人をおちょくっているあたりはちょっと笑ってしまった。
後半少しだれた気もするが、そこそこ面白く読んだ。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
古市憲寿 『だから日本はズレている』(新潮新書)、読了。 先日読んだ上野女史との対談で、 著者を見る目が変わったので、早速著作を読んでみました。 「リーダー」「クールジャパン」など12個の切り口で 日本のおかしなところを指摘しています。 語り口が非常に軽いので、サクサク読めます。 「新進気鋭の社会学者が書いた本」として捉えると、拍子抜けしてしまうかもしれませんが、 ...
2017/07/09(日) | 観・読・聴・験 備忘録