『日本SF短篇50 Volume2 (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)』:雨読夜話

ここでは、「『日本SF短篇50 Volume2 (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)』」 に関する記事を紹介しています。
日本SF短篇50 II (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)
日本SF短篇50 II (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)
日本SF作家クラブ(編)
早川書房 2013-04-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
日本SF短篇50 I (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)
日本SF短篇50 III: 日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー (ハヤカワ文庫JA)
日本SF短篇50 IV 1993-2002―日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー (ハヤカワ文庫 JA)
日本SF短篇50 V: 日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー (ハヤカワ文庫 JA ニ 3-5)
SFマガジン700【海外篇】 (ハヤカワ文庫SF)


日本SF作家クラブの創立50周年を記念して編纂されたアンソロジーの第2作。
1973~82年の10年間に書かれた作品の中から10作が収録されている。

この時期を筒井康隆が「SFの浸透と拡散」の時代と評したそうで、前作にも増して多くのSFジャンルの作品が収録されているが、予備知識がなければ魅力を感じにくい作品、ちょっと難解と思われる作品もいくつか入っている。

前者の例が横田順彌の「大正三年十一月十六日」で、後者の例が小松左京の「ゴルディアスの結び目」あたりで、後者については私の感性が合わないのか理解力が足りないのかのどちらかと思われる。

面白かったのは、叙情的な感じの梶尾真治「百光年ハネムーン」、正統的なタイムスリップによるパラドックスものである眉村卓「名残の雪」、戦闘機が出てくるシリーズの第1作である神林長平「妖精が舞う」、伝奇もので知られる著者の作風とは一風違った夢枕獏「ねこひきのオルオネラ」、タイムスリップと進化を絡めるという異質性がすごい新井素子「ネプチューン」あたりである。

特に、神林長平の作品は理系的な小難しい理屈をひねくり回すイメージがあったが、「妖精が舞う」により謎が多い世界観でのミリタリー作品のシリーズである『戦闘妖精・雪風』の魅力を知ったので、このシリーズの本を読んでみようと思った。

SF小説の大御所的なポジションにある作家の作品が多数収録されていて、かなり勢いのある時代だったのだろうと感じた。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 小松左京, 梶尾真治,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック