『戦争とインフレが終わり激変する世界経済と日本』:雨読夜話

ここでは、「『戦争とインフレが終わり激変する世界経済と日本』」 に関する記事を紹介しています。
戦争とインフレが終わり激変する世界経済と日本 (一般書)
戦争とインフレが終わり激変する世界経済と日本 (一般書)
増田 悦佐
徳間書店 2014-09-20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
やはり、日本経済の未来は世界一明るい! (WAC BUNKO 212)
不確実な未来を生き抜くための「経済史」 (SB新書)
城壁なき都市文明 日本の世紀が始まる
2015 世界大恐慌の足音が聴こえる (一般書)
夢の国から悪夢の国へ: 40年間続いたアメリカン・バブルの大崩壊


増田悦佐による、今後は資源の価格が下がることで戦争が減り、デフレ基調となって日本にとって有利な時代になるであろうことを語っている経済読み物。

まず長期的な傾向として、太陽による気候変動によって豊作でインフレと戦争が続く世紀と、不作でデフレと平和が続く世紀が繰り返されてきたことを挙げている。
(前者が16世紀、18世紀、20世紀で、後者が17世紀、19世紀、そして21世紀?)
それでも飢饉と疫病に苦しめられた17世紀に30年戦争が行われたドイツでは甚大な被害を受け、その後の歴史にも影響を及ぼしていると語っている。

そして近年の事象として、資源の価格が中国の浪費によって維持されてきたことにも限界が来て、BRICsやオーストラリアのような資源国が苦境に陥っていることが書かれている。
ほぼ同時期に日本とオーストラリアが経済的に離陸したために比較し、資源に恵まれたオーストラリアでは製造業がパッとせず、資源に恵まれない日本が製造業で成果を挙げてきたプロセスを語っている。

そして戦争については、アメリカで軍事産業が肥大化して戦争をしたがっているという一方で、世界全体では危機をあおる報道に反して戦争の規模が小さくなっていたことを挙げ、戦争は減っていくと語っている。
中国については内政が手一杯で日本に戦争を仕掛ける余裕はないので安倍政権の方向性に異議ありとしているが、実際の戦争以外にも謀略や脅迫など多くの手段で圧力を加えているのは事実だし、六大軍区の暴発やクーデターなどもありえると考えているので、このあたりの論調には疑問がある。

省エネ技術の発達によって資源価格が低下することで資源をめぐっての紛争は減り、少ない資源やエネルギーでGDPを生み出してきた日本にとってより有利な世の中になるとの見通しが書かれている。
100年周期の説でいくと今後の21世紀は気温低下で不作になる可能性に対しての見解は書かれていないが、このあたりは技術の進歩などに期待するというところなのだろうか。

日本にまつわるところでは少し異論もあったりもするが、歴史的な周期や戦争の起こる原因からの分析が興味深く、じっくり読んでいった。
アメリカで盛んなロビー活動を、合法的なワイロと表現しているのが面白い。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 増田悦佐,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック