『交流分析であなたが変わる! 心の回復 6つの習慣』:雨読夜話

ここでは、「『交流分析であなたが変わる! 心の回復 6つの習慣』」 に関する記事を紹介しています。
交流分析であなたが変わる! 心の回復 6つの習慣
交流分析であなたが変わる! 心の回復 6つの習慣
山本 晴義
集英社 2015-05-26

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
自尊感情を育てる「エゴグラムSHE®」活用ガイド ~児童・生徒・学生を応援する「励ましのメッセージ」が作れる~
交流分析にもとづくカウンセリング :再決断療法・人格適応論・感情処理法をとおして学ぶ
エリック・バーンのTA組織論: リーダーを育てる心理学
ギスギスした人間関係をまーるくする心理学2
ギスギスした人間関係をまーるくする心理学―エリック・バーンのTA


内科や精神科、心療内科などを修め、メンタルヘルスの第一人者として知られる医師による、精神的な疲れや心の病気を癒したり予防したりする方法を語っている作品。

身体的な不調を診断しても何も出てこないケースがしばしばあることを挙げ、こうした場合には精神的なストレスによることが多いこと、心の問題を解決することで身体的な不調も治まったことなどから、心の状態がいかに重要で自分では気づきにくいかという話へ進む。


そこでまず、交流分析という手法で自分や周囲の人を類型化する手法を紹介している。
これは厳しい私、優しい私、冷静な私など、自分の中にある性格のタイプをパラメータ化して、どの部分が高くてどの部分が低いかを判定できるようにしている。

これを用いて、こういうタイプで来る人にはこう返す、といった感じでの対人方法や、この人はこのタイプだから弱点はこのあたり・・・などと考えることで心理的な負担を多少なりとも軽減できるようなことが書かれている。

そして類型化しても精神的なストレスは残るので、これを軽減する方法を語っている。
ここではストレスということで、STRESSの頭文字から、S:SPORTS(スポーツ)、T:TRAVEL(旅)のように、ありふれてはいるが重要な手法が書かれている。

ここでは、SLEEP(睡眠)のところで、早寝するから早起きするのではなく、早起きする結果早寝になるという話が印象に残った。

全体的に手堅くまとめられていて、色々と参考になる部分が多くて役立つと思う。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック