『メンターが見つかれば人生は9割決まる!』:雨読夜話

ここでは、「『メンターが見つかれば人生は9割決まる!』」 に関する記事を紹介しています。
メンターが見つかれば人生は9割決まる!
メンターが見つかれば人生は9割決まる!
井口 晃
かんき出版 2015-07-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
普通の人がお金持ちになりたくなったら
人生の9割は逃げていい。
誰でもできる、いつでもできる、どこでもできる、身のたけ起業 (角川フォレスタ)
人生を変えるメンターと出会う法~自分の磨き方、高め方~
世界No.1コーチ アンソニー・ロビンズが認めた 7日間で人生を「進化」させる方法


メンター(お手本とする人物)を決めて、その言動や考え方を模倣していくことで効率よく成功を得て、さらに次のステップへ進めるということを語っている作品。

メンターには例えば下記のような条件を設けていて、そんな人物って見つかるのか?と思ってしまう。
  • 自分が進んでいる道、進もうとしている道でトップにあり、3年後もトップにいることが予想される
  • 自分と考え方が大きくは食い違っていない
  • 上司や先輩、家族といった身近な人物はダメ

以前読んだ『パクる技術』『個性を捨てろ! 型にはまれ!』『成功したければマニュアルどおりにやりなさい。』あたりとも既に成功している実績のある方法を実践すること、忠実に真似することで学んでいくなどの意味では通じるところもあるが、本書ではあくまで人に焦点を当てているところが特徴のように感じる。

一度決めたら成功するまでメンターの思考や行動をなぞっていくという感じの方法論として書かれていて、一歩間違うと自己暗示や催眠みたいな感じにもなりそうで、いまひとつ好感が持てない。

この方法を読んでいたら、陳舜臣の『中国任侠伝』に収録されている「似てくる男」を思い出した。
これは侠客の大親分のところに入ってきた子分が大親分を尊敬するあまり、その言動を徹底的に真似していった結果、後に彼も大親分になったというもので、こうした方法で成功する人はいつでもいるものなのかもしれないと思った。

少々ハードルの高い方法のようにも感じられるが、ひとつの方法論として興味深く読んだ。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック