『日本SF短篇50 Volume3 (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)』:雨読夜話

ここでは、「『日本SF短篇50 Volume3 (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)』」 に関する記事を紹介しています。
日本SF短篇50 III: 日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー (ハヤカワ文庫JA)
日本SF短篇50 III: 日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー (ハヤカワ文庫JA)
日本SF作家クラブ(編)
早川書房 2013-06-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
日本SF短篇50 IV 1993-2002―日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー (ハヤカワ文庫 JA)
日本SF短篇50 II (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)
日本SF短篇50 V: 日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー (ハヤカワ文庫 JA ニ 3-5)
日本SF短篇50 I (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)
SFマガジン700【海外篇】 (ハヤカワ文庫SF)


日本SF作家クラブの創立50周年を記念して編纂されたアンソロジーの第3作。
1983~92年の10年間に書かれた作品の中から10作が収録されている。

この時期はSFのブームがひと段落して少し厳しい時代になってきた感じではあるが、戦後SFの第2世代くらいに当たる作家による、第1巻および第2巻に作品が収録されている初期の方々とは異なるタイプのSFが収録されている。

作品を読んだことのある作家たちの作品も多く、椎名誠「引綱軽便鉄道」、田中芳樹「戦場の夜想曲」、谷甲州「星殺し」、草上仁「ゆっくりと南へ」がそれに当たり、良かったと思う。
中でも草上作品は単行本未収録の短編が多数あるようなので、電子書籍だけでもいいので傑作選などが出てほしいところである。

読んだことのない作家の作品で印象に残ったのは川又千秋「火星甲殻団」、森岡浩之「夢の樹が接げたなら」あたりで、関心を持ったので著作を読むことを検討したい。

SFのアンソロジーでありがちなことだが、ジャンルの幅が広いためにあまり関心がなかったり難しく感じる作品もあったりはしたものの、総じては面白い1冊だったと感じている。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 椎名誠, 田中芳樹, 草上仁, ,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック