『まっぷる九州 宮崎 高千穂 日南海岸 霧島 えびの `14〜`15』:雨読夜話

ここでは、「『まっぷる九州 宮崎 高千穂 日南海岸 霧島 えびの `14〜`15』」 に関する記事を紹介しています。
まっぷる九州 宮崎 高千穂 日南海岸 霧島 えびの `14〜`15 (マップルマガジン)
まっぷる九州 宮崎 高千穂 日南海岸 霧島 えびの `14〜`15  (マップルマガジン)
昭文社 ガイドブック 編集部
昭文社 2014-01-20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
るるぶ宮崎 高千穂 日南 えびの 霧島'14 (国内シリーズ)
高千穂ガイドブック
るるぶ大分 別府 湯布院 くじゅう'14~'15 (国内シリーズ)
るるぶ熊本 阿蘇 天草'15 (国内シリーズ)
まっぷる 秋田 角館・乳頭温泉郷 田沢湖・白神山地 '15 (マップルマガジン | 旅行 ガイドブック)


宮崎県の旅行ガイドブック。
先週末に宮崎の都城市に行くことがあり、予備知識が少ないことを自覚していたので図書館で借りて読んでみた。

読んでみると、南の方(霧島のちょっとだけ北)にあると思っていた高千穂は大分県にも近い西北部だったり、都城が鹿児島県よりだったりと、いかに自分が宮崎について知らないのかが分かって愕然とした。
おそらく九州の中で最も陸上交通の便が悪く、行く機会がなくて調べること自体がほとんどなかったからだろうと思う。

飛行機で宮崎空港を経由しての行程を計画していたので、まずはそこから都城までの交通手段と時間を調べ、宮崎交通の高速バスで約1時間と分かり、1泊2日では宮崎市内の観光をする時間はないと割り切ることができた。

そしておいしいものは?ということで本書を読んでいき、有名なチキン南蛮や冷や汁、炭火で焼いた鶏のもも焼きなどの他、ガンジスカレーというのが比較的知られていることが分かった。

それで1日目の夜は宿泊した都城駅そばのホテルから少し歩いたところにある「ろばた焼き 明石」でベー貝、あら煮、がね(さつまいもやニラが入った宮崎のかき揚げ)、チキン南蛮を食べ、どれもおいしくてお腹一杯になった。
翌日の昼は「仏跳麺」という鹿児島ラーメン屋で看板メニューである仏跳麺を食べ、とんこつとは異なる鶏がらスープのあっさりしたラーメンでこれもおいしかった。
そして夕方は宮崎空港内のレストランでガンジスカレーを食べ、辛くはないがコクのある味なのと、入っているひき肉がいい食感でおいしかった。
日程と胃袋の都合でもも焼きなどを食べられなかったのは心残りだが、まあ次回以降ということにする。

利用した飛行機は小型のプロペラ機で、東京などに行く時に乗るジャンボジェット機とはかなり乗り心地が違い、ちょっと面白かった。

今回は都城と空港周辺で終わったが、飛行機で行けば電車やバスに比べて時間はかからない(福岡空港-宮崎空港だと1時間弱)し、宿泊と組み合わせれば費用も抑えられる可能性がある。
また行きたくなるきっかけを見つけられれば、本書を読んで知った観光スポットなどをめぐってみたい。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック