『世界の辺境とハードボイルド室町時代』:雨読夜話

ここでは、「『世界の辺境とハードボイルド室町時代』」 に関する記事を紹介しています。
世界の辺境とハードボイルド室町時代
世界の辺境とハードボイルド室町時代
高野 秀行 清水 克行
集英社インターナショナル 2015-08-26

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
日本全国津々うりゃうりゃ 仕事逃亡編
ペルシア王は「天ぷら」がお好き? 味と語源でたどる食の人類史
移民の宴 日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活 (講談社文庫)
喧嘩両成敗の誕生 (講談社選書メチエ)
地球の履歴書 (新潮選書)


世界の辺境に関する著作の多いノンフィクション作家と、日本中世史を専門としてNHKの番組「タイムスクープハンター」で時代考証も手がけている歴史学者による対談本。
世界の辺境と日本の中世、具体的にはソマリランドと室町時代で共通することが多いことを主な議題としている。

タイトルは村上春樹の『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』をもじっていると思われる。

高野氏がある時清水氏の著作を読み、上記の共通点に気づいたことから紹介を得て出会うことになり、あまりにも話が弾んだことで本書が書かれることになったという。

読んでいくと、一見全く異なる分野と思われるところで意外に共通するところが多く、意気投合する場面が多く見られるのが面白い。
例えば一元的な法律ではなく、複数のルールがそれぞれ存在する社会で、何かを達成するためにはより主体的に行動しなければならないところなどが挙げられていて、清水氏は歴史研究へのヒントを得られて喜んでいる。

他にも日本から中古車が多く輸出される背景として、日本人がケガレ思想で中古品を嫌がるのか、はたまた形見分けのように一度使用した物には使用した人の魂が宿ると考えられているのかなど、面白い話題が次から次に出てくる。

日本中世史は史料の量が古代ほど不足もしておらず、近世ほど多すぎず、ほどほどに残っているのがいいところとしていたり、サスペンスドラマのように新たな史料が発見されたことをめぐって殺人事件が起こることはまずありえないこと、探検や学問で食べていくことは損得勘定ができる人は無理ということなど、歴史学の世界の裏話も興味深い。

清水氏の師に当たる藤木久志氏の『刀狩り』など、面白そうな歴史読み物の話もところどころで出てくるので、これらも読んでみたくなる。
内容が充実した、面白い作品だった。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 高野秀行, ,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック