『ホリプロ南田の鉄道たずねて三千里』:雨読夜話

ここでは、「『ホリプロ南田の鉄道たずねて三千里』」 に関する記事を紹介しています。
ホリプロ南田の鉄道たずねて三千里
ホリプロ南田の鉄道たずねて三千里
南田 裕介
主婦と生活社 2015-09-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
なんでもわかる! 鉄道用語大事典 (朝日文庫)
鉄道手帳[2016年版]
「快速」と「準急」はどっちが速い? 鉄道のオキテはややこしい (光文社新書)
首都圏鉄道ウォッチングガイドDATA200
カラー版 - 東京鉄道遺産100選 (中公新書)


ホリプロのマネージャーながら、その鉄道オタクぶりからTV番組「笑神様は突然に・・・」で鉄道好きの芸人3人(中川家礼二、ダーリンハニー吉川、ななめ45°岡安)と「鉄道BIG4」として活動したり、「タモリ倶楽部」などにも出演している南田氏が、鉄道への思いや活動を語っている作品。

TV番組で観たことはないが、たまたま聴いていたFMラジオで著者が北陸新幹線開通などの鉄道トピックについて熱く語っていたことを覚えていたので読んでみた。

はじめのところで現在運行数が少ない103系の車両が走っているのを見るため、何度も乗ったことがある筑肥線の鹿家あたりを訪れている話が出てきた。
何となく乗っていた車両の中にもそういった古いものがあるのかと驚いた。

他にも一般では入ることができない車両基地の見学や、企業の専用線で走る車両を見に行く話、渋谷駅で東横線が地上での運行を終わる日のドキュメント、お勧めの鉄道ツアー日程など、鉄道オタクらしい濃い話がいくつも書かれている。
知識があまりなくてよく伝わらないところもあるが、鉄道に対する熱量を感じることができる。

東京の路線で走っていた車両が払い下げられて青森や熊本で走っている話はあまり知らなかったのでなるほどと感じた。
予算や日程の問題はあるが、東南アジアなどで日本から払い下げられた車両を見に行くという企画あたりをやってもらえるとさらに面白いと思う。

後半では子供の頃から鉄道好きだった話や、アイドル好きなタレント・優香の担当マネージャーとして「タモリ倶楽部」に呼ばれた際にタモリから鉄道好きなことを知られ、その後何度も呼ばれるようになった話などが書かれている。

そして終わりの方では、「鉄道BIG4」の中川家礼二との対談が収録されている。
礼二は「普通のサラリーマンの南田くんが鉄道好きとしてテレビで熱くしゃべっているのが面白い」という意味のことを語っていて、これはその通りだと思った。

鉄道に対する愛情が込められた1冊で、著者は今後もホリプロのマネージャーのかたわら活動を続けて欲しい。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック