『地下をゆく-知られざる異空間のヒミツに迫る!!』:雨読夜話

ここでは、「『地下をゆく-知られざる異空間のヒミツに迫る!!』」 に関する記事を紹介しています。
地下をゆく (イカロス・ムック)
地下をゆく (イカロス・ムック)
イカロス出版 2015-08-31

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
郵便をゆく (イカロス・ムック)
東京 消えた! 全97駅 (イカロス・ムック)
封印された日本の地下世界
カラー版 - 東京鉄道遺産100選 (中公新書)
にっぽん全国たのしい船旅2015-2016 (イカロス・ムック)


日本各地にある地下の建造物や洞窟を多くの写真とともに紹介しているムック本。

首都圏外郭放水路(埼玉県)や大谷石採掘場跡(栃木県)のように下記に挙げている関連記事の本で既に知っているものもあれば、初めて知るものも多かった。

例えば渋谷の地下を暗渠として大雨の際に流れる渋谷川の付け替え工事で貯水槽も併設されている話や、釧路沖の海底の地下で石炭を採掘する釧路コールマイン、黒部ダムの地下にある黒部川第四発電所などで、まだまだ知らない地下の施設は多いと改めて感じる。

少し前にNHKのテレビ番組「ブラタモリ」の収録の際に東京駅の地下で未発見だった地下通路が発見されたことがニュースになっていてそれも書かれていたし、長崎を訪れた回で見た池島炭鉱のことも掲載されていてテンションが上がった。

実際の写真とは別の意味で印象に残ったのは関東の上水道と下水道のルートを示している地図で、上水道は水圧で流すのでルート設定の自由度が高いことから道路にそって敷設されることが多い一方、下水道は現実的に高低差以外では流しにくいことから地形に沿った形で敷設されているのが興味深いところだった。

現在の生活を支えるインフラが地下にも多く設置されていることがよく分かり、興味深く読むことができた。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック