『「腸を温める」と体の不調が消える-「腸ストレス」を取り去る最新常識』:雨読夜話

ここでは、「『「腸を温める」と体の不調が消える-「腸ストレス」を取り去る最新常識』」 に関する記事を紹介しています。
「腸を温める」と体の不調が消える (青春新書INTELLIGENCE)
「腸を温める」と体の不調が消える (青春新書INTELLIGENCE)
松生 恒夫
青春出版社 2013-02-02

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
腸はぜったい冷やすな! (光文社新書)
「腸ストレス」を取り去る習慣 (青春新書インテリジェンス)
急激なストレスからお腹を守る腸内リセット術 (ソフトバンク新書)
私の看護ノート
あなたは私の手になれますか―心地よいケアを受けるために


腸のコンディションを良くすることによる健康法を語っている作品。
先日著者の『腸に悪い14の習慣-「これ」をやめれば腸が若返る』を読み、ためになったので読んでみた。

『腸に悪い14の習慣』と重なるところもあるが、重ならずになるほどと感じたところも多い。
例えば朝食抜きがいけない原因として、腸の蠕動が朝に起こるためという話は面白かったりする。

食生活の欧米化が日本人の健康状態を悪化させたという説がしばしば語られるが、例えばたんぱく質や脂質の摂取が増えたことで血管が強くなって脳出血が減ったなど、良くなったことも多いことが書かれているのには少し驚く。

他にも赤味肉の問題点やビタミンCが心理的ストレスを軽減する効果があること、オリーブオイルの中でもEXVオリーブオイルという種類でないと効果がいまいちなど、食生活に関連する話が多く出てくる。

全体としてはオリーブオイル、穀類、豆類、野菜、魚介類などを主体とした地中海型食生活と、漬物やみそ汁のように植物性の発酵食品を多用した和食の組み合わせが望ましいようである。

そして食生活以外ではストレッチや姿勢、音楽などで腸にいいものを解説している。
音楽ではスローテンポで副交感神経を優位にするものがいいみたいで、よく聴く『聞くだけで自律神経が整うCDブック』も腸に効果があるみたいである。

ある程度実施できそうな方法もそれなりに書かれていて、できるところから生活の改善を試みたい。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック