『動物農場』:雨読夜話

ここでは、「『動物農場』」 に関する記事を紹介しています。
動物農場 (角川文庫)
動物農場 (角川文庫)ジョージ・オーウェル (著), 高畠 文夫 (翻訳)
角川書店 1995-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
すばらしい新世界 (講談社文庫)
パリ・ロンドン放浪記 (岩波文庫)
動物農場- Animal Farm【講談社英語文庫】
蠅の王 (新潮文庫)


ソ連をモデルにしたディストピアSFの『1984年』でも知られるジョージ・オーウェルによる、寓話風にソ連におけるソビエト革命がいかに腐敗して内部抗争を繰り返し、帝政だった頃よりもひどい圧制を敷くようになった有様を風刺している作品。

内容としては農場から人間を追い出して動物たちの農場とするつもりだったのが、スターリンをモデルとした豚のナポレオンが率いる一派が他の動物たちを弾圧するようになるというものである。

少し前に「戦争反対!」などと叫び声をあげて民主主義を連呼しつつも選挙による代議制をどう考えているのかよく分からない、SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)が、この作品に登場するヒツジたちを連想した。

このヒツジたちというのは、ナポレオン一派にとって都合の悪い話をする動物が出てくると、話の流れに関係なく特定のスローガンを連呼してその話を遮るという役回りを演じている。
しかも、そのスローガンが途中で変わったりする。

SEALDsは見た目が分かりやすいのでヒツジたちを連想しやすいが、「報じない自由」を濫用するマスコミ、捏造したニュースを元に国益に反するキャンペーンを張る政党などにも該当する部分が多い。

現代の日本ではインターネットの発達などによってマスコミの報道には怪しい部分が多々あることに気付いた人が増えたこともあり、以前ほどプロパガンダが機能しなくなっているところはまだましなのかもしれない。

日下公人が共産主義について「国家財産の合法的な略奪」という意味の表現をしていたのを著書の中で読み、共産国でろくに技術革新や文化が生まれないのもこのためなのかと納得した記憶がある。

日本だけではないのかもしれないが、傾向として左翼に近い感じの人々の主張からは、反対意見を認めないという感じがかなり伝わってくることや、情報を恣意的に改変するあたりが『日本共産党』を読んでいても伝わってくる。

本書に書かれている部分は当時は共産主義に対する風刺だったのだろうが、基本的には権力が腐敗する過程においては他の思想でも通じる部分が多いと思う。
70年経過している現在でも、歴史に学ぶ価値があることを思い起こさせる1冊だと思う。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック