『警視庁公安部・青山望 巨悪利権』:雨読夜話

ここでは、「『警視庁公安部・青山望 巨悪利権』」 に関する記事を紹介しています。
警視庁公安部・青山望 巨悪利権 (文春文庫 は 41-6 警視庁公安部・青山望)
警視庁公安部・青山望 巨悪利権 (文春文庫 は 41-6 警視庁公安部・青山望)
濱 嘉之
文藝春秋 2015-10-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ヒトイチ 画像解析 警視庁人事一課監察係 (講談社文庫)
暗い穴―警視庁追跡捜査係 (ハルキ文庫 と 5-6 警視庁追跡捜査係)
邪心 警視庁犯罪被害者支援課2 (講談社文庫)
SROVI - 四重人格 (中公文庫)
警視庁公安0課 カミカゼ (双葉文庫)


警視庁の優秀すぎるノンキャリア4人の同期が、チームワークを生かして悪と戦っていく警察小説シリーズの第6作。

大分の温泉地で福岡の暴力団幹部を務める相良が毒殺される事件が発生し、相良を追っていた青山や龍はこの1件で裏社会の勢力図が一変して抗争が勃発することを危惧し捜査を進めることとなる。

そして相良を殺害した毒の出所について科警研に移っていた藤中から青山に情報が渡り、その出所には宗教団体や病院、さらには過去に迷宮入りとなった寺や劇場での毒殺事件にまで疑惑がつながっていく。

暴力団が絡むことから、これまでにも登場した岡広組と二次団体の清水組、清水組元組長の甥で青山の宿敵とも言える神宮寺武人と悪のレギュラー陣が複雑な動きを見せる。

本作ではしばしばニュースに取り上げられる、爆買いするために日本に押し寄せる中国人観光客(というか運び屋)にまつわる利権に暴力団とチャイニーズマフィア、そして中国共産党幹部らが群がる構図が書かれていて、かなりリアルな話となっている。

他にも青山の部下として辣腕を振るってきた佃が係長に出世して活躍を広げている姿や、清水組組長を引退した清水保と青山のやり取り、青山が藤中の親戚に当たる女性との縁談と、シリーズならではのサブストーリーも繰り広げられている。

著者が元公安なのでえげつなく書こうとすればいくらでもできると思われるが、それをやらずにいかにスマートに書いていくかという部分が感じられるところがこのシリーズのいいところの1つだと考えている。

本作も一気に読み進んでいくことができ、楽しませてもらった。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 濱嘉之,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック