『キングダム 1』:雨読夜話

ここでは、「『キングダム 1』」 に関する記事を紹介しています。
キングダム 1 (ヤングジャンプコミックス)
キングダム 1 (ヤングジャンプコミックス)
原 泰久
集英社 2006-05-19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
キングダム 2 (ヤングジャンプコミックス)
キングダム 3 (ヤングジャンプコミックス)
キングダム 4 (ヤングジャンプコミックス)
キングダム 5 (ヤングジャンプコミックス)
キングダム 6 (ヤングジャンプコミックス)


中国古代、後に秦の将軍として活躍する李信が少年時代に秦王政(後の始皇帝)と出会い、次々と登場する敵と戦っていく歴史漫画の第1巻。

少し前に食事に行ったレストランに置いてあったので待ち時間に読んだら面白かったので、その後数回行って5巻まで読んでいる。

李信は始皇帝による天下統一に貢献した将軍の一人で、前漢の時代に虎と思い込んで大きな石に矢を当てた伝説で知られる李広や、その孫で中島敦の小説の主人公になった李陵の祖先に当たる。

始めは孤児で農奴に近い扱いを受けていた信と漂の2人のうち、漂だけが秦の重臣である昌文君に取り立てられるところから話が展開する。

そこから王位をめぐる王弟派の反乱が発生し、漂が戦死した後に出会った信と政は複雑な感情を抱きあいながらも、まずは生き延びて復活するために戦っていく。

個性豊かな登場人物にやや重いストーリー、そしてそれをはねのこえる信の破天荒さと政の重厚さなどが相まって、古い時代の話をよくここまで活き活きと描いていると感じる。

実際の歴史を元にしている割にはちょっと化け物じみた人物描写が多いような気もするが、きちんとしたバックデータを使っていることが分かるので、今後どのようにアレンジしていくのかが気になりながら読んでいっている。

人気がある理由が分かった。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック