『テルマエ・ロマエ 1』:雨読夜話

ここでは、「『テルマエ・ロマエ 1』」 に関する記事を紹介しています。
テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
ヤマザキマリ
エンターブレイン 2009-11-26

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)
テルマエ・ロマエ III (ビームコミックス)
テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)
テルマエ・ロマエV (ビームコミックス)
テルマエ・ロマエVI (ビームコミックス)


古代ローマの浴場設計技師が現代日本にたびたびタイムスリップし、古代ローマと現代日本を行き来することで日本の浴場文化を積極的に取り入れていく漫画の第1巻。

阿部寛主演で実写化された映画を1・2ともに映画館で観ていたので、原作も知っておこうと思い読んでみた。

主人公はルシウスという技師で、少々真面目すぎてワーカーホリックの傾向があり、奥さんとぶつかることが多いというキャラクター設定となっている。

そのルシウスは浴場の新たなアイデアを思いつけずに悶々としていたところ、浴場の中で排水溝に吸い込まれてしまい、お湯から出ると現代日本の銭湯などの風呂だったという展開が繰り返され、ただ驚くばかりでなく、世界最高の文明国だと信じていたローマ帝国でそうした風呂が作れなかったことに悩んだりしている。

そしてタイムスリップから戻ってから浴場のアイデアをローマで取り入れたところ評価がどんどん上がっていき、ついには皇帝のハドリアヌスから依頼を受けるまでになっていく。

劇画調のタッチにルシウスの驚き顔やショックを受けて落ち込んだ表情、そして銭湯などでのおじいさんたちがリラックスした表情との対比が面白く、くすくす笑いながら読んでいった。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック