『ハザール事典 女性版』:雨読夜話

ここでは、「『ハザール事典 女性版』」 に関する記事を紹介しています。
ハザール事典 女性版 (夢の狩人たちの物語) (創元ライブラリ)
ハザール事典 女性版 (夢の狩人たちの物語) (創元ライブラリ)
ミロラド・パヴィチ (著), 工藤 幸雄 (翻訳)
東京創元社 2015-11-28

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ハザール事典 男性版 (夢の狩人たちの物語) (創元ライブラリ)
犬の心臓・運命の卵 (新潮文庫)
図書館大戦争
12人の蒐集家/ティーショップ (海外文学セレクション)
ハヤカワ文庫SF総解説2000


中世のコーカサスやウクライナ地方に実在し、ビザンツ帝国やサラセン帝国(初期のイスラム)と国境を接して戦ったり同盟したりしていたらしい、ハザール王国の事典という体裁を取った小説。

ハザール王国は国教をキリスト教、ユダヤ教、イスラム教とそれぞれ変えたという設定にしていて、同じ項目をそれぞれの宗教から語った事典という構成にしている。

このハザール王国は突厥の流れをくむトルコ系の王朝らしいが、遊牧民系の王朝の多くがそうであるようにあまり記録を残すことに熱心でなかったこともあって実態がよく分かっていないことも多いことから、著者はある程度自由に話を組み立てているようである。

悪魔や妖怪のような存在が登場して王族とやり取りするファンタジーっぽい話や、ハザールの宗教を3つのうちどれにするかでそれぞれの宗教が中心に書かれているという違いなど、こうした宗教の予備知識があればさらに楽しめるのだろうと思う。

あまりよく知らない地方の話なので、読んでいてついていけたかかなり不安があるが、かなり変な話なのは確かで、その世界観は感じ取ることができた。



ハザール事典 男性版 (夢の狩人たちの物語) (創元ライブラリ)ハザール事典 男性版 (夢の狩人たちの物語) (創元ライブラリ)

ミロラド・パヴィチ (著), 工藤 幸雄 (翻訳)
東京創元社 2015-11-28

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック