『水木しげるの妖怪地図―47都道府県ご当地妖怪を訪ねる』:雨読夜話

ここでは、「『水木しげるの妖怪地図―47都道府県ご当地妖怪を訪ねる』」 に関する記事を紹介しています。
水木しげるの妖怪地図―47都道府県ご当地妖怪を訪ねる (別冊太陽 太陽の地図帖 8)
水木しげるの妖怪地図―47都道府県ご当地妖怪を訪ねる (別冊太陽 太陽の地図帖 8)
水木 しげる (著), 荒俣 宏 (監修)
平凡社 2011-06-27

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
水木しげる 妖怪百物語
水木しげる 世界の妖怪大百科
水木しげる妖怪大百科
日本妖怪大事典 (Kwai books)
鳥山石燕 画図百鬼夜行全画集 (角川文庫ソフィア)


日本各地に伝わる妖怪の伝承について、水木しげるによるイラストと解説がなされている作品。

冒頭では博物学者・作家である荒俣宏による、妖怪の伝承が生まれるメカニズムについての解説が掲載されている。
ここでは荒俣が水木とニューギニアを訪れた際のエピソードから、水木が妖怪についてどのような捉え方をしているかが伝わってきた興味深い。

そして日本の地域ブロックごとに妖怪を紹介している。

アイヌの伝承が入った北海道・東北、江戸の文化が強く反映された関東、山にまつわる伝承が多い中部、政争の敗者が怨霊化した話が多い近畿、狸や狐の伝承が目立つ中国・四国、にぎやかな妖怪や南方の伝承が多い九州・沖縄と、地域別の特徴がよく出ていると思う。

この中ではダイダラボッチのような巨人伝説が各地に残っていることや、キジムナー(ガジュマルの精)や柿の実が妖怪化したもののように植物系の妖怪が印象に残った。

下記に挙げた水木作品で知っているものも多かった一方で地域による違いがより分かりやすく、楽しんで読むことができた。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 水木しげる,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック