『学校では教えてくれないお金の授業』:雨読夜話

ここでは、「『学校では教えてくれないお金の授業』」 に関する記事を紹介しています。
学校では教えてくれないお金の授業
学校では教えてくれないお金の授業
山崎 元
PHP研究所 2014-05-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)
全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)
図解 山崎元のお金に強くなる!
お金の教室―二十歳の君に贈る「マネー運用論」 ( )
ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)


山崎元による、タイトル通りお金についての考え方や守り方、殖やし方などについて解説している作品。
著者の作品は損得やコストについてきちんと語っているところに好感を持っているので、本作も読んでみた。

まず、お金は手段であって目的としてはいけないことを書いている。
あれば必ず幸福になるというものではないが、あることによって自由が増えたり、不幸を回避できる効果があることや、額が増えるから幸福度も増すとは限らず、かえって心配事が増えるなど、確かにそうだと思える話をしている。

そして金融商品の各論に入っていく。

まずは保険が割りの良くない商品で、健康保険の高額療養費制度とそこそこの貯蓄があればある程度はカバーできて生命保険の特約や医療保険はあまり必要でないこと、生命保険は必要に迫られて泣く泣く入るくらいの商品であることを語っている。

また、債券への投資は個人向け国債一択で、それ以外は個人向けにいい商品なんて販売されないとあり、これまで購入していた外貨建て債券などもそれに当たるのだろうと思ってちょっと反省している。
以前利率の良さそうな外貨建て債券の資料請求をしたところ、「購入単位は100万円から」とあって諦めた記憶とも適合していて、優良な債券は富裕層や企業向けの商品なのだろうと感じた。

アクティブ運用の投資信託はインデックス運用の投資信託にコストやパフォーマンスでほとんど勝てないことや、毎月分配型の投資信託や外貨預金が明らかにダメな金融商品であること、ドルコスト平均法や長期投資の弱点など、他の著作でも書かれていたが基本となることも当然触れている。

本書で初めて知ることが多かったのは、税金対策上有効な手段であるNISAと確定拠出型年金(DC)である。
NISAは年に100万円までが非課税ということなど、この2つはあまり情報を集めてこなかった分野なので、勉強しなければと感じている。
とりあえず今年は残り少ないので、来年NISAの口座を開設したり、それに向いた金融商品の選択などを考えてみようと思う。

きちんとした語り口でまっとうな内容が書かれていて、非常にためになった。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 山崎元,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック