『生きる喜びは、仕事とともにある-ヒルティの幸福論: すぐ実行できて結果が出せる76の言葉』:雨読夜話

ここでは、「『生きる喜びは、仕事とともにある-ヒルティの幸福論: すぐ実行できて結果が出せる76の言葉』」 に関する記事を紹介しています。
生きる喜びは、仕事とともにあるヒルティの幸福論: すぐ実行できて結果が出せる76の言葉 (知的生きかた文庫)
生きる喜びは、仕事とともにあるヒルティの幸福論: すぐ実行できて結果が出せる76の言葉 (知的生きかた文庫)
カール・ヒルティ (著), 齋藤 孝 (翻訳)
三笠書房 2012-08-22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
幸福論 (第1部) (岩波文庫)
幸福論 第2部 (岩波文庫 青 638-4)
眠られぬ夜のために〈第1部〉 (岩波文庫)
幸福論 第3部 (岩波文庫 青 638-5)
ラッセル幸福論 (岩波文庫)


齋藤孝による、19世紀のドイツで法学者や政治家として活躍したカール・ヒルティの著作『幸福論』から76の言葉を翻訳している作品。
ブックオフで本書が108円で販売されていたのを見つけるまで、ヒルティのことは全く知らなかった。

失ったものは天に返したと考えてみることや、準備に時間を使いすぎてはいけないこと、謙遜のしすぎは嫌味になって嫌われることなど、人間関係や仕事への前向きな取り組みについての言葉が多い。

特に仕事に関しては、やる気が出るのを待つのではなくて出るように仕事をとりあえず始めてみることや、やりやすいところから着手すること、飽きてきたら違う作業をやっていくことなど、現在出版されているビジネス書にも書かれているような内容も多いことには先進性を感じる。
そして、仕事の後は必ず休まなければならないというものではないという言葉はドイツ人っぽくもある。

著者の言葉は、これまでに読んだバルタザール・グラシアン、スマイルズ、ベンジャミン・フランクリンなどなどの言葉に通じるものを感じる。
まだまだ知らない、外国でよく読まれている名言や思想、倫理についての良書はかなりあるのだろうと思った。

気が向けば、著者の他の作品も読んでみようと思う。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 齋藤孝,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック