『会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―「投資」と「給料」で着実にお金を増やす方法』:雨読夜話

ここでは、「『会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―「投資」と「給料」で着実にお金を増やす方法』」 に関する記事を紹介しています。
会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―「投資」と「給料」で着実にお金を増やす方法 (アスカビジネス)
会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―「投資」と「給料」で着実にお金を増やす方法 (アスカビジネス)
中桐 啓貴
クロスメディアパブリッシング 2007-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
半値になっても儲かる「つみたて投資」 (講談社+α新書)
ゼロ金利に慣れてしまった人のためのオフショア投資入門 金融鎖国の日本でお金は殖やせません (Kobunsha Paperbacks Business)
忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (アスカビジネス)
初歩から値下がり対策まで 損しない投資信託 (朝日新書)
日本でお金持ちになる人の思考法


タイトル通り、会社勤めで投資に時間を割くことが難しい人がいかに資産を積み上げるかという方法を解説している作品。

書かれている中では、「仕事と投資が両輪」ではなく、「仕事が自転車の両輪で、投資は補助輪」というイメージで語っているのがとても分かりやすい。
あくまで本業で収入を得るのが第一というのはうなずける。

そこから、株式や投資信託に投資する上での考え方を語っていく。
この中では、「株の定価は変動するが、原価は1株当たりの株主資本」、これに関連して「株価と1株株主資本の関係を表したのがPBRで、1~2倍が標準」、「乖離が小さければ割安で、あまりに乖離が大きいのは期待値が高すぎることを示す」ということが書かれていて、これらを知らずに投資している人があまりにも多いという話にはそうだろうなと感じた。

そして個別株の投資は自分が仕事などを通じてビジネスモデル知っている業界のものを中心にすべきという話があり、確かに知らない業界の株への投資ではまぐれはあっても安定して収益を上げるのは難しいと感じる。

その個別株への投資は調査や分析に時間を取られるので、購入したままほったらかしにしそうな人にはインデックスのものを中心とした投資信託の積み立てを勧めている。
その中でコストや投資信託の内容をチェックするポイントを語り、途中で止めずに複利の力を活かせるように続けることが重要としている。

現在1個だけ投資信託の積み立てを行っていて、今年から積み立てる額や投資信託の数を増やそうと思っていて、そうした方向に対してかなりアドバイスになる内容が多くて役立った。

効果を実感するのには時間がかかるはずなので、無理のない範囲でよりよい方向での投資を心がけていきたい。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 中桐啓貴, ,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック