『30代でも定年後でもほったらかしで3000万円! 投資信託はこうして買いなさい』:雨読夜話

ここでは、「『30代でも定年後でもほったらかしで3000万円! 投資信託はこうして買いなさい』」 に関する記事を紹介しています。
30代でも定年後でもほったらかしで3000万円! 投資信託はこうして買いなさい
30代でも定年後でもほったらかしで3000万円!  投資信託はこうして買いなさい
中野 晴啓
ダイヤモンド社 2014-08-29

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
最新版 投資信託はこの9本から選びなさい―――30代でも定年後でも、積立だけで3000万円!
一番やさしい! 一番くわしい! はじめての「投資信託」入門
忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (アスカビジネス)
新・投資信託にだまされるな! ---買うべき投信、買ってはいけない投信
預金バカ 賢い人は銀行預金をやめている (講談社+α新書)


最近バナー広告をよく見かけるセゾン投信の社長による、投資信託の積み立てが長期投資に向いている理由や優良な投資信託の選び方、積み立て投資を続けるべきことなどを語っている作品。

優良な投資信託は著者の『投資信託はこの9本から選びなさい』で語った9本だけとしているが、少し期間も経っていて新たな投資信託も出ているのでこのチョイスはあくまで著者が勧めるものとして参考にとどめ、判断は自分で行うこととする。

投資信託選びでは例えば資金の流入・流出があり、こうした情報は「投資まとなび」や「モーニングスター」などのサイトでそうした情報を参照することができるとのことなので、たまに見た方がいいようである。

分散投資が重要ということで積み立てによる期間の分散に加え、バランス型ファンドによる投資する国や地域の分散も勧めている。
コスト面を考えると各ジャンル別に信託報酬が安いインデックスファンドを購入した方がいいが、資金をリバランスすることの面倒さを考えると著者の会社の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」のようなバランス型ファンドの方がいいとしている。

これについてはバランスが崩れたら割合が大きくなった投資信託の積み立てを休んで割合が小さくなったものにその資金を振り分ければいいはずで、これくらい自分でやってもいいんじゃないかという気もする。
リバランスにかかる信託報酬分が面倒さを解消する費用として高いと判断するか安いと判断するかという話になるのだろう。

投資信託の積み立てを続けるべき理由としては、価格が上がって利益確定のために全て売却し、さらに価格が上がると高値掴みになるので積み立ての再開が心理的にやりづらくなると書いていて、なるほどと思う。
資金の余裕や経済状況を見て続けるのが難しい場合は積み立てを休止するか解約を一部に留めるかにしておき、全て解約はできるだけやらないようにしたい。

少し前から気になって調べていたNISAについても書かれていて、非課税の期間が終わるまでに購入していた株式や投資信託の価格が購入時よりも下がっている場合は通常よりも払う税金が高くなるという弱点はつらいので、改善がなされていくことを期待している。

先日NISAの口座を開こうと思って証券会社から申し込み書類を取り寄せたところ、基準日(2013年1月1日)以降に引越しをしていた場合は「消除された住民票の写し等」が必要とあって時間がかかりそうなので、NISAの口座を開設するのに合わせて積み立てを始めることを諦めた。
積み立ては先に始めておき、NISAの口座ができてからそれ以降の分をNISA分として積み立てようと思う。

投資信託会社の社長が書いた本なのでポジショントークは多分に入っているが、著者が日本企業を応援するという意図から「さわかみファンド」や「ひふみ投信」といった他社の日本株式に投資する投資信託も積み立てているという話はちょっとだけ好感を持った。

基本的だが重要なことが多く書かれていて、本書もまた大いに参考になった。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック