『株とチャートでお金持ちになる!』:雨読夜話

ここでは、「『株とチャートでお金持ちになる!』」 に関する記事を紹介しています。
株とチャートでお金持ちになる!株とチャートでお金持ちになる!

菅下 清廣
実務教育出版 2016-02-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「経済の千里眼」と呼ばれる投資家による、企業分析やチャート分析を用いた株式投資の方法を解説している作品。
株式投資の本を検索すると著者の名前がしばしば出てきて気になっていたので、今回読んでみることにした。

まず、株式投資は学び続ける必要があるとして、厳しいがまっとうなことが書かれている。

そして株式投資で学んだり研究するウエイトを置く順番としては、経済の動向の見方、自分が投資するのに向いている情報を得やすい企業銘柄の選定、その上で選定した企業のチャートを分析して底に近いところで購入して天井に近いところで売却するという形で書かれている。

経済全体の動向としてはニュースや周囲の人々が弱気な時は買い、強気な時は売りといった感じで逆張りを勧めているが、これがなかなか難しい。そうするための材料をいかに得たり考えたりするかということになるのだろうか。

分析する企業は自分が所属していて業界についての情報を持っている企業だったり、使用して気に入っている商品やサービスを扱っている企業を対象にするのがいいと書かれていて、これは理解しやすい。

そしてチャートはただ漠然と見るだけではダメで、線を引いて分析する必要があるということで、基本的なチャート分析のパターンをいくつか解説している。

見ていると線を引くというのは単純だが効果的な手法なのだろうと感じた。
チャートを紙に印刷して定規などで線を引くのがいいか、PC上で画像をアプリケーションに貼り付けて線を引くのがいいのか、チャート分析のフリーソフトなどを使用するのがいいのかは人によって異なるかと思う。

著者が実践している手法は数ヶ月から1年くらいのスパンで売買を繰り返していくスタイルのようで、これを面倒に感じる人は向かないようにも思える。

全体としてはチャート分析の手法を用いない人でも株式投資に共通して役立つ部分も多く、参考になる1冊だと思う。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック