『宇宙軍士官学校─前哨(スカウト)─ 8』:雨読夜話

ここでは、「『宇宙軍士官学校─前哨(スカウト)─ 8』」 に関する記事を紹介しています。
宇宙軍士官学校─前哨─ 8 (ハヤカワ文庫JA)
宇宙軍士官学校─前哨─ 8 (ハヤカワ文庫JA)
鷹見 一幸
早川書房 2015-07-23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
宇宙軍士官学校―前哨― 10 (ハヤカワ文庫JA)
宇宙軍士官学校─前哨─ 9 (ハヤカワ文庫JA)
宇宙軍士官学校─前哨─ 7 (ハヤカワ文庫JA)
宇宙軍士官学校-前哨-6 (ハヤカワ文庫JA)
宇宙軍士官学校 -前哨-5 (ハヤカワ文庫JA)


鷹見一幸による宇宙軍士官学校シリーズの第8巻。

前作のラストで行われたかく乱戦法に加え、粛清者からはさらなる新兵器が投入され、地球人類が属する銀河文明評議会軍は苦戦・敗戦といった感じの戦況となってしまう。

主人公の恵一が指揮を取る軍は色々あったとはいえこれまで順調すぎたくらいだったので、本作ではかなり重いストーリーとなっている。
恵一たちよりも粛清者の襲撃を受けているモルダー星系の人々の話が多く、全体の話の調整を行っているような部分になるかとも思う。

この後どのように結末へ持っているのかが非常に気になっていて、次作も既に購入して読むことにしている。




関連タグ : 鷹見一幸,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック