『中国古典 逆境を生き抜くためのすごい言葉一○○』:雨読夜話

ここでは、「『中国古典 逆境を生き抜くためのすごい言葉一○○』」 に関する記事を紹介しています。
中国古典 逆境を生き抜くためのすごい言葉一○○ 角川SSC新書 (角川SSC新書)
中国古典 逆境を生き抜くためのすごい言葉一○○  角川SSC新書 (角川SSC新書)
守屋 洋
角川マガジンズ(角川グループパブリッシング) 2011-09-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
中国古典 リーダーの心得帖 名著から選んだ100の至言 角川SSC新書 (角川SSC新書)
実践・老荘思想入門―一喜一憂しない生き方 (角川SSC新書)
リーダーのための中国古典 (日経ビジネス人文庫)
孫子に学ぶ12章―兵法書と古典の成功法則 (角川SSC新書)
完本 中国古典の人間学―名著二十四篇に学ぶ


中国の古典のうち、『論語』、『老子』、『孫子』、『韓非子』、『三国志』といった有名なものから『酔古堂剣掃』(すいこどうけんすい)や『為政三部書』、『文中子』のような現代日本では知名度の低そうなものと幅広い範囲から、逆境に耐えたり打開することに役立ちそうな言葉100を選択し、現代語と解説をしている作品。

具体的には対人的なトラブルを避けたり、自身の身を滅ぼしかねない考えや感情の処理に当たる言葉が多い。

特に、怒りという感情についての言葉が印象に残る。
他人から受けた嫌な言動については後々まで覚えているもので、私もしばしば思い出して怒りの感情を持て余すというかとらわれることを自覚していて、この手の感情を抑えるのはつくづく難しいものだと思う。

有名な古典の言葉では既に読んだことのあるものが多い一方で、目にした記憶がない古典からの言葉は比較的新鮮に感じ、こちらへの関心が高まった。
むしろこうしたマニアックと思えるような古典からだけ引用した言葉を集めた作品というのがあったら読んでみたい気もするが、あまり出ていなさそうなのは知名度が売り上げに大きく影響しているからなのだろうかとも思ったりもした。

著者による解説の説教臭さは相変わらずとして、内容自体は興味深い。





酔古堂剣掃(すいこどうけんすい) 「人間至宝の生き方」への箴言集 (PHP文庫)酔古堂剣掃(すいこどうけんすい) 「人間至宝の生き方」への箴言集 (PHP文庫)

安岡 正篤
PHP研究所 2005-07-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 守屋洋, 孔子, 孫子, 韓非子, 荀子,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック