『「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!』:雨読夜話

ここでは、「『「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!』」 に関する記事を紹介しています。
「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!
「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!
斉藤 俊行
経済界 2010-04-23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
新・投資信託にだまされるな! ---買うべき投信、買ってはいけない投信
最新版 投資信託はこの9本から選びなさい―――30代でも定年後でも、積立だけで3000万円!
〈新版〉投資信託選びでいちばん知りたいこと
一番やさしい! 一番くわしい! はじめての「投資信託」入門
投資信託にだまされるな![新版]


竹川美奈子著『投資信託にだまされるな!』に対するアンチテーゼを意識したと思われるネーミングの投資本で、「実践派FP」と称する人物が書いている。

帯に「インテリが書いたマネー本の常識に流されるな!」とあるなど、あおり文句が多いが、既に『投資信託にだまされるな!』を読んだ立場からすると、必ずしも内容が対立しているわけでもなさそうに見える。

著者がもてはやされて好きでないと思われるものは「日本株重視」と「信託報酬が安いインデックスファンド」というあたりで、成長が見込まれる新興国の株式にも投資すること、いいアクティブファンドに投資することに重視することを勧めているようである。
ただ、具体的なデータによる根拠を示すことができなくて説得力を出すのに苦慮している感じも見られる。

そうした部分は置いといて、書かれている全体的な投資方法としては投資対象の分散、積み立てなどによる投資時期の分散ということで比較的オーソドックスなもので、タイトルにこだわらずに読む分にはそれほど悪くもない。
投資する以前に借金をせずに貯蓄をすべきこと、投資では購入よりも売却が難しいことなどを語っているあたりもそれに当てはまる。

特に印象に残ったのは、長期で株式市場に投資することが重要であり、株式や投資信託を途中で別のものに切り替えるのはかまわないという意味のことが書かれたところである。
少し前に海外株式のインデックスファンドで、現在では信託報酬が高めとなったものを売却して低めのものに乗り換えた経緯があり、これはこれでいいのだと自信を持たせてくれた。

新興国株式とアクティブファンドへのひいきなど少し引っかかるところを除けば、まあまあの作品だったかと思う。





元手ゼロ、毎月5万円で1億円つくる! 9マス分散式ではじめる積立投資信託
元手ゼロ、毎月5万円で1億円つくる!  9マス分散式ではじめる積立投資信託
川畑 明美
ソシム 2016-01-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
日本人だけが知らない「がんばらない」投資法 ほったらかしでも1億円貯まる!
臆病な人でもうまくいく投資法 お金の悩みから解放された11人の投信投資家の話
売れっ子セラピストになるための3つのステップ 〜起業・独立・サロン開業して豊かになるには〜
気づいたら貧困層!? お金を武器に! 月々3万円から2000万円作る方法教えます
将来が不安なら、貯金より「のんびり投資」 (PHPビジネス新書)

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック