『元手ゼロ、毎月5万円で1億円つくる! 9マス分散式ではじめる積立投資信託』:雨読夜話

ここでは、「『元手ゼロ、毎月5万円で1億円つくる! 9マス分散式ではじめる積立投資信託』」 に関する記事を紹介しています。
元手ゼロ、毎月5万円で1億円つくる! 9マス分散式ではじめる積立投資信託
元手ゼロ、毎月5万円で1億円つくる!  9マス分散式ではじめる積立投資信託
川畑 明美
ソシム 2016-01-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
日本人だけが知らない「がんばらない」投資法 ほったらかしでも1億円貯まる!
臆病な人でもうまくいく投資法 お金の悩みから解放された11人の投信投資家の話
売れっ子セラピストになるための3つのステップ 〜起業・独立・サロン開業して豊かになるには〜
気づいたら貧困層!? お金を武器に! 月々3万円から2000万円作る方法教えます
将来が不安なら、貯金より「のんびり投資」 (PHPビジネス新書)


投資信託を対象別に株式、債券、REIT(不動産)の3種類と、地域別に国内、先進国、新興国の3種類で3×3の9マスに分類し、その特性や経済状況に合わせて資産を配分することで中~長期でのリターンを目指す積み立て投資の方法を解説している作品。

投資信託の本では先進国と新興国をあわせて海外と一括で扱っていたり、REITについてのはその他みたいな扱いだったりするものも多かったりするので、本書ではその分類が自分で思っていたものと近いので納得しやすい。

本書では3~10%くらいなら分散投資したままほったらかしていてもリターンは得られるとして、さらに踏み込んで10%以上のリターンを狙う方法を解説している。

具体的には金利や為替、景気動向などの変化を観察してポートフォリオの割合を変化させていく方向で書かれている。
例えば株価が上がって天井が近そうだと見たら株式の一部を売却して債券を購入するといった具合である。

果たしてこうした経済の流れを読むことがどれくらいできるものなのか?という部分には少し懐疑的な思いもあるが、見込み違いで大きく減らさないように少しずつ移し替えをやって5%くらいを目指すところから始めるのでも十分かと思う。
購入よりも売却するタイミングが難しいというのはよく分かるし、長期投資なのでマイナスとなるマスでは「塩漬け」を勧めているのもなぐさめとなる。

本書で書かれている方法は投資において投資信託を利用することで、個別の株式や債券、不動産の現物などの選択、購入、管理などの手間を省き、ばらつきを抑える形のものなのだろうと感じた。

どれくらいの手間と手数料をかけるかで、最もお任せなのが「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」のようなバランス型インデックスファンドに集中する方法、次が本書のように投資信託でポートフォリオを組んで適宜割合を見直す方法、最も自由度と難易度が高いのが個別の銘柄や現物に投資する方法という順番になる。

記述に関しては、それぞれのマスにおける特徴や代表的な投資信託の銘柄をコストなども含めた形で丁寧に書かれている。
このあたりは投資信託の本でたまにコストなどが書かれていない場合があったりもするので大いに評価できる。

さすがに新興国の債券やREITについてはハイリスクということもあって商品数が少なかったりコストが高めな傾向が見られるので、仮に積み立てるにしても月額1000円とか2000円とかにしておいた方が良さそうである。

本文とは別に、本には特別な読者プレゼントとして「夢を叶えるためのお金の計画の立て方・見直し方」をダウンロードするためのURLが書かれた紙が挟まれている。
アクセスしてみると無料ではあるがサイトのデザインが情報商材を売るサイトに似ていたり、ダウンロードするためにはメールマガジンの受信申し込みのメールアドレスと氏名の入力が必須となっていたりで、あまり好きになれなかったのでそれ以上は先に進まなかった。

全体的には投資信託を分散・積み立てで投資していく方法で知りたいと思うポイントが的確に抑えられていて、類書を読んだことがある人ほどその良さが分かるのではないかと思う。
購入や利益確定のタイミングの取り方については学習を続け、多くのリターンを目指したい。





日本人だけが知らない「がんばらない」投資法 ほったらかしでも1億円貯まる!日本人だけが知らない「がんばらない」投資法 ほったらかしでも1億円貯まる!

中井 俊憲
二見書房 2016-01-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

臆病な人でもうまくいく投資法 お金の悩みから解放された11人の投信投資家の話臆病な人でもうまくいく投資法 お金の悩みから解放された11人の投信投資家の話

竹川 美奈子
プレジデント社 2016-02-26

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック