『10分あれば書店に行きなさい』:雨読夜話

ここでは、「『10分あれば書店に行きなさい』」 に関する記事を紹介しています。
10分あれば書店に行きなさい (メディアファクトリー新書)10分あれば書店に行きなさい (メディアファクトリー新書)

齋藤孝
メディアファクトリー 2012-10-29

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


齋藤孝による、書店通いを勧めている作品。

最近話題となっていることが分かったり、実際に読むかどうかは別としてどのような本が売れているか、その書店ではどのような本を推しているかを知ることができるなどを序盤でメリットに挙げている。

また、書店に行って本を少しめくって内容を確認する際、目次や小見出し、まえがき、あとがき、版数、デザイン、出版社にレーベルといった情報から内容を推定する方法も語っている。

読んだらアウトプットすることも重要だとして、知人に内容を紹介することやブログなどに投稿するを勧めている。
前者は好みもあるのであまりやらないが後者は10年以上続けているわけで、モチベーション維持につながった。

他にも雑誌コーナーの見方、新書コーナーの見方、古典のようなロングセラー作品の見方など、本の種類別の見方や読み方を解説している部分も興味深い。

せっかく読んだのだからと近所の書店に行ってみると、少し間を置いてしまったこともあるのか、興味ある分野の本が新たにいくつも置いてあることに気づいた。

最近はコスト面の観点からブックオフのような新古書店に行くことが多かったので、最近出た本を目にする範囲が狭かったのだと思う。
Amazonのようなネット書店での購入履歴やお気に入りリストから割り出されるお勧め作品も限界があるわけで、こうした部分に気をつけなければならないと改めて感じた。

10分くらいなら近所の書店ならいくことができるので、毎日とはいかなくても毎週くらいなら実践してみようと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 齋藤孝,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック