『ひまつぶし』:雨読夜話

ここでは、「『ひまつぶし』」 に関する記事を紹介しています。
ひまつぶし<初回生産限定ひまつぶしプライス【聴く盤】>ひまつぶし<初回生産限定ひまつぶしプライス【聴く盤】>

チームしゃちほこ
ワーナーミュージック・ジャパン 2014-08-19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ももいろクローバーZの妹分に当たり、スターダスト所属で名古屋を中心に活躍するアイドルグループ・チームしゃちほこのファーストアルバム。
先月末に同僚に誘われて北九州で開催されたライブに行き、チームしゃちほこを初めて見て引き込まれるところがあったので購入してみた。

ライブでやっていた「抱きしめてアンセム」が強く印象に残っていて、この曲を聴きたくて本作を購入したところもある。
これはイントロから一気にテンションを上げるアップテンポの曲調で、イントロではかがんで両手を交互に突き出す振り付けもあってインパクトが大きく、一度見て強く印象付けられた。

同僚は「あまり関心がない人を無理やり振り向かせるような力がある」という意味のことを語り、そうかもしれないと思ったりもした。

他にはゆるくておかしみのある「首都移転計画」、愛・地球博を意識したと思われる「愛の地球祭」、「乙女受験戦争」、「カントリーガール」、「よろしく人類」などが収録されている。

作詞や作曲を誰がやっているのか確認したところ、浅野尚志という人が多くの曲を手がけていたほか、「んだって」では芸人の千原ジュニアが作詞していたのには少し驚いた。

スターダストに所属するアイドルで実際に見たのはこのチームしゃちほこと、福岡を拠点に活動するばってん少女隊の2組で、プロレスのノリで盛り上げる演出をするのが共通していた。
このくせの強さによって好き嫌いが分かれるのだろう。

試しにライブに行ってCDも聴いてみたことになるが、結果として思っていたより良かったと思う。
今後もチェックしておきたい。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック