『血流がすべて解決する』:雨読夜話

ここでは、「『血流がすべて解決する』」 に関する記事を紹介しています。
血流がすべて解決する
血流がすべて解決する
堀江昭佳
サンマーク出版 2016-03-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
子宮委員長はるの子宮委員会
願いはすべて、子宮が叶える 〜引き寄せ体質をつくる子宮メソッド〜
女性ホルモンを整えて幸せになる! ぽかぽか子宮のつくり方
「龍使い」になれる本
“奇跡"は自分で起こせる! 3日後「引き寄せ」日記


漢方の薬剤師による、血液の量を増やすことで血流を良くする方法と、その効果を語っている作品。

読み始めて女性をターゲットとして書かれたことに気づいたが、書かれているうちの7割くらいは男性にも当てはまるし、冷え性や低血圧の傾向があることを自覚しているので役立つ内容となっていた。

まず、「血液をサラサラにする」という話が健康に関してよく語られるが、そもそも血液の量が足りていない人が多く、血液が足りない状態で血流だけ良くするとさらに貧血がひどくなるなど逆効果だということが書かれている。

血液に対しては対策を立てる順番があり、血をつくる、血を増やす、血流を良くするという3つのステップで構成されている。
血をつくるところでは胃腸に休養を取らせるために1週間夕食を断食してみるなどの方法、血を増やすところでは睡眠の仕方、そして血流を良くするところでは運動や呼吸について重点をおいて書かれている。

この中では、現代人は食べる頻度が多いために胃腸の処理が追いついていないというくだりにショックを受けた。
これまでは少々食欲がなくても3食のサイクルをきちんと守らなければならないと考えていたが、朝食は重要で抜くことは勧められず、睡眠時に処理がなされることから夕食の量を減らすのがいいということだった。

夕食をあまり食べないのは少し寂しいが、休日に外食などで好きなものをきっちり食べ、平日は食べないか少しだけで済ませるなどのメリハリをつければいいのかもしれない。

血をつくるのにはたんぱく質は不可欠で、中でも鶏肉がいいとあったので、夕食は焼き鳥2本くらいにしてみようかと思ったりもした。

体質を改善するのには大体4ヶ月くらいかかるそうだが、徐々に良くなっていくことは実感できるらしいので、やってみる価値は十分にありそうである。

血液を改善した結果としては疲れや不眠、肩こり、冷え性のような連想しやすい症状から、抜け毛や精神的な落ち込みにも効果があるそうで、心身はつながっているものなのだと改めて思った。

かなり重要なポイントが多く書かれていたので、まずは夕食の量を減らすところからストレスをためない程度に試みたい。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック