『蛭子の論語 自由に生きるためのヒント』:雨読夜話

ここでは、「『蛭子の論語 自由に生きるためのヒント』」 に関する記事を紹介しています。
蛭子の論語 自由に生きるためのヒント (角川新書)
蛭子の論語  自由に生きるためのヒント (角川新書)
蛭子 能収
KADOKAWA/角川書店 2015-11-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ひとりぼっちを笑うな (角川oneテーマ21)
僕はこうして生きてきた ―NO GAMBLE,NO LIFE.
蛭子能収のゆるゆる人生相談
芸能界 蛭子目線
ヘタウマな愛 (新潮文庫)


漫画家の蛭子能収が、『論語』の現代語訳と、編集部がさらに分かりやすく訳した言葉を読んで自分の考えと引き比べて語っているエッセイ。
先日読んだ蛭子さんの『ひとりぼっちを笑うな』が面白かったので続けて読んだ。

自分の自由を大切にするためにその分他人への干渉も控えめにすることや、自由であるためにお金を大切にすることなど、妙に孔子の言葉と一致している部分があったりするのが面白い。

ただし著者が蛭子さんなので、合わないと思った言葉はストレートに言っているし、自分のエピソードを語った後に競艇でオチをつけることが多くて笑ったりもした。

エピソードでは所属していた芸能事務所や漫画を連載していた出版社が分裂し、蛭子さんを芸能界に誘った柄本明と担当マネージャーが別の事務所に行くことになり、結局担当のマネージャーについていったなどの話があり、蛭子さんも色々あったのだと改めて感じる。
考えてみれば、本業のタレントでもないのに30年以上テレビに出続けるというのはかなりすごいことである。

漢文を素読するような学習方法はほぼなくなったと言っていいような状態だが、『論語』が身近に伝えられるような手段が増えたのはいいことだと思う。

蛭子さんに『論語』を読むことを打診した角川書店の編集者による企画力の勝利であり、楽しく読むことができた。





[本書の参考文献]

論語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 中国の古典)論語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 中国の古典)

加地 伸行 (著), 谷口 広樹 (イラスト)
角川書店 2004-10-23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

論語 増補版 (講談社学術文庫)論語 増補版 (講談社学術文庫)

加地 伸行
講談社 2009-09-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 孔子,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック