『葉隠 (まんがで読破)』:雨読夜話

ここでは、「『葉隠 (まんがで読破)』」 に関する記事を紹介しています。
葉隠 (まんがで読破)
葉隠 (まんがで読破)山本 常朝 (著), バラエティアートワークス
イースト・プレス 2009-05-30

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
武士道 (まんがで読破)
五輪書 (まんがで読破)
菊と刀 (まんがで読破)
葉隠 (知的生きかた文庫)
論語 (まんがで読破)


古典を分かりやすく漫画化しているシリーズの1つで、佐賀藩に武士道の書として伝わってきた『葉隠』を扱っている。

田代陣基という若い藩士が正義感ゆえに周囲と衝突したこともあって藩内で干され、金立に隠棲する山本常朝に教えを請うという形で描かれている。

内容としては竜造寺氏から鍋島氏という佐賀藩の歴史や、江戸時代になってサラリーマン化した武士たちの気風への嘆き、あるべき心構えや処世術などが語られている。

何となくの雰囲気は伝わったが、絵のタッチを苦手に感じたり、セリフ表示やコマ割りもちょっと読みにくく、漫画化しやすい作品ではなかったのかもしれない。

原作を読んでおらず、本書で原作の魅力が伝わったかどうか何とも言えないので、分かりやすく現代語訳した作品を読んでみようと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック