fc2ブログ

『光武帝〈上〉』:雨読夜話

ここでは、「『光武帝〈上〉』」 に関する記事を紹介しています。
光武帝(上) (講談社文庫)
光武帝(上) (講談社文庫)
塚本 青史
講談社 2006-06-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
光武帝(下) (講談社文庫)
光武帝(中) (講談社文庫)
王莽 (講談社文庫)
呂后 (講談社文庫)
霍去病―麒麟龍彗星譚〈下〉 (河出文庫)


中国古代、後漢王朝を立てた光武帝・劉秀の生涯を描いた歴史小説の上巻。

王莽が前漢を簒奪してできた新王朝では非現実的な政策が続いたため、民衆は疲弊し、やがて反乱が各地で発生することになる。
そんな中、前漢の景帝・劉啓の子孫で南陽郡の豪族の三男にあたる劉秀も、学友で運送業者の息子・李通らにかつがれて蜂起し、兄の劉演や本家筋の劉玄らとともに新帝国の軍隊と戦っていくことになる。

これとは別に、東の海曲県では酒造業を商う豪商の女将である呂母が、息子を冤罪で悪代官に処刑されたため、チンピラたちを集めて県庁を襲い悪代官を殺して仇討ちを遂げる。当然これは帝国への反逆となり、呂母に雇われていた集団は赤眉軍としてこれまた新帝国に戦いを挑んでいく。

劉秀を中心とした南陽と、呂母を中心とした海曲という別々の場面で魅力的な人物たちが登場し、それぞれ物語が進んでいく。

本格的に新帝国の軍と激突を繰り返すのは中巻へ。


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 塚本青史,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック