『会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方 NISA 対応』:雨読夜話

ここでは、「『会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方 NISA 対応』」 に関する記事を紹介しています。
会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方 NISA 対応
会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方 NISA 対応
中桐 啓貴
クロスメディア・パブリッシング(インプレス) 2014-03-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
初歩から値下がり対策まで 損しない投資信託 (朝日新書)
忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (アスカビジネス)
5本柱でコツコツ育てる積立て投資信託入門
全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)
臆病な人でもうまくいく投資法 お金の悩みから解放された11人の投信投資家の話


以前読んで積み立て投資の考え方をする上で大いに参考になった『会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―「投資」と「給料」で着実にお金を増やす方法』を改訂した作品。

前作を読んでいたので購入はあまり考えていなかったが、TSUTAYAの中古本コーナーに200円で販売されていたので購入した。

タイトルに「NISA対応」とあるので前作からの変更点はNISAに関する部分くらいかと考えていたが、思っていた以上に新たに書かれている部分が多く、前作を読んだ上でも十分役立つ内容となっている。

その中では著書の『5本柱でコツコツ育てる積立て投資信託入門』でも紹介されているお勧めの投資信託が書かれているのはいいが、ここでも販売手数料や信託報酬のようなコストについて触れられていないのは少々不満が残る。

コストが安いインデックスファンドよりもベンチマークを上回るアクティブファンドを勧めたいという意図は分かるが、信託報酬のようなコストは長期になるほどにパフォーマンスに影響を与えるわけで、もう少し書かれていてもいいはずだと考えてしまう。

投資信託のコストについてを除けば、前作同様に実行できると思わせてくれる投資方法が書かれていて、納得できる内容になっていて、読んで良かったと思う。





初歩から値下がり対策まで 損しない投資信託 (朝日新書)初歩から値下がり対策まで 損しない投資信託 (朝日新書)

中桐啓貴
朝日新聞出版 2012-10-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

使えば使うほどお金が増えるお金の使い方使えば使うほどお金が増えるお金の使い方

中桐 啓貴
ワニブックス 2016-02-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 中桐啓貴,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
会社勤めでお金持ちになる人の考え方、投資のやり方 著者 中桐啓貴 本書は、そろそろお金と真剣に向き合おうと思っている20代~40代のビジネスパーソンに向けた、長期分散投資(株式・投資信託)の入門書です。 2014年から始まった個人向け新制度のNISAに対応しており、「NISAって話題だけど、何?」と思っている会社勤めのビジネスパーソンに基本的な理解を提供しています。 ...
2016/07/10(日) | 読書と足跡