『超要点解説とキーワードでわかる・使える孫子の兵法』:雨読夜話

ここでは、「『超要点解説とキーワードでわかる・使える孫子の兵法』」 に関する記事を紹介しています。
超要点解説とキーワードでわかる・使える孫子の兵法
超要点解説とキーワードでわかる・使える孫子の兵法
福田 晃市
ソフトバンククリエイティブ 2004-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
孫子の兵法がわかる本―“生きる知恵”の最高のバイブル (知的生きかた文庫)
孫子 (講談社学術文庫)
高校生が感動した「論語」 (祥伝社新書)
中国の兵法に学ぶビジネスフレームワーク
超訳 孫子の兵法 「最後に勝つ人」の絶対ルール (知的生きかた文庫)


『孫子』の言葉を読み下し分、現代語訳、現代で通用するような解説、そしてその言葉が当てはまりそうな中国史上の出来事で解説している作品。

それぞれの言葉当たり見開き2ページで構成されていて、どこからでも読むのに向いている。

一方で読み下し分と解説の文字の大きさはそこそこのサイズのフォント、訳文と出来事のところは小さいフォントと、差があるのはあまり読みやすいと感じなかった。

また、中国史上の出来事については『史記』や『三国志』に出てくるような比較的有名な出来事や人物だけでなく、南北朝時代や五代十国時代といった小説などになることが少ない時代の名将の話も出てくるのが興味深い。

どういう意図か分からないが例えば曹操(カオカオ)のように中国語(現代の北京語?)の発音でルビが振られているのは、人によっては邪魔に感じるかもしれない。自分としてはこういう形もあるのかくらいに感じた。

『孫子』の関連本としては普通くらいの評価となった。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 孫子,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック